2010年2月17日

[pgsql-jp: 40181] Re:update文のフリーズ

2010/2/17 Eiichiro Sakai <sakai@xxxxx>:
> こちらですが、その当時postgresのSQLが滞留していたため、コネクションが最大値
> に
> 到達してしていて状況を確認できませんでした。
> 当時のpg_dumpで取得したdumpファイルはあるのですが、他環境でリストアすると
> pg_stat_activityがきれいになってしまってその状況が判明していない状況です。
> その当時のdumpファイルをそっくりそのまま復元することができれば確認できるので
> すが、

> なにか手段などご存知であればご教授いただければと思います。

ちなみに、ps aux の結果からもロック待ちが発生していたか確認できるのですが、
事象発生時の ps の結果はお持ちでしょうか? ロック待ちのプロセスは、ps では
"SELECT waiting" や "UPDATE waiting" と表示されます。

> すいません、認識が間違ってるかもしれませんが、
> 結果が同一行に特定される場合でもselect for update等でwhere句の条件が
> 異なる場合ロックを取得できてしまうのでしょうか?
> (この場合同一行に二つの行ロックがかかっている状況になってしまうと思うのです
> が・・)

すみません。私の認識が間違ってます。。お騒がせしました m(_ _)m

--
Fujii Masao
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION
NTT Open Source Software Center


投稿者 xml-rpc : 2010年2月17日 15:19
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/93400
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。