2010年1月14日

[pgsql-jp: 40138]ログの仕様につきまして

はじめてお世話になります。萱野と申します。

Postgresql 8.4.1のログの内容について
ご存知であれば教えてください。

DBサーバ上で実行されたSQL文を記録するため
PosgreSQLのログのフォーマットがどうなっているのか
調べようとしているのですが、うまく情報を検索できておりません。


「LOG:」「STATEMENT:」の両方で、実行されたSQL文が表示されていますが
この2つの違いについてご存知でしょうか?

質問の背景 :
・現在 pgpool-? + PosgreSQL で、レプリケーション(selectの負荷分散)する
環境を作成しました。

・select の負荷分散状況を確認するため、上記のPosgreSQLのログを
見ると以下の様になっておりました。
(1) LOG: 00000: execute <unnamed>: select・・・・
と言うログは、2台設置した PosgreSQL サーバーの
1台だけに記録されている。
(負荷分散されていると見える)

(2) STATEMENT: select・・・・
と言うログは、2台のPosgreSQLサーバーの両方に
記録されている。
(負荷分散されていないように見える)

・現状では (1) のように確認されているので、負荷分散されていると
思っているのですが、(2)が気になっています。


ちなみに、以下のように設定ファイルを変えて
より多くの情報が表示されるようにしています。

log_min_error_statement = debug5
debug_print_plan = on
log_connections = on
log_disconnections = on
log_hostname = on
log_hostname = on
log_line_prefix = '%t %d [%p-%l]'
log_statement = 'all'


よろしくお願いします。

--
Kayano Motoharu <M.Kayano@xxxxx>


投稿者 xml-rpc : 2010年1月14日 14:19
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/92339
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。