2008年2月27日

[pgsql-jp: 39265] Re:JPUG合宿(8.3チューニング大会あり)のご案内

片岡@合宿参加です。

 いくつか補足させてください。

Sunao Kiyosue さんは書きました:
> サーバは、SUN様がご提供いただきました。
> Sun Fire X4100
> 2.8GHz AMD Opteron 254 (1MBキャッシュ) x 2、

> 8GBメモリ (2GB DIMM x 4 DDR/400)、
> 73GB 10000回転SASディスクドライブ x 2、
> OSにはSolaris 10最新版(8/07 update4)

 サーバのメモリは+8MBされていて16MBでした。

> ・fsync = off は禁じ手

 この理由は信頼性に欠けるからですが、同じ理由でfull_page_writes = offも
禁じ手にすべきでした。full_page_writes = offでは、障害後のリカバリに失敗
する可能性があります。ただし性能には比較的大きく影響するパラメータです。

 大会終了時の種明かしで判明したのですが、結果的にAチームのみが
full_page_writes = offで、B、Cチームがfull_page_writes = on(デフォル
ト)での争いとなってしまいました。

> 8.3からの分では、
> synchronous_commit = off と on では、結構違ってきました。
> 試したところ tps で、100〜200ぐらいは、違ったと思います。
> 運用次第では、offも一考です。

 参考までに、これはoffがデフォルトですから、一般的には気にしなくて大丈
夫です。なおonにした場合に信頼性が若干下がります(イメージが逆かも?)。

--
Hiroki Kataoka <kataoka@xxxxx>

投稿者 xml-rpc : 2008年2月27日 15:49
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/70396
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。