2008年2月26日

[pgsql-jp: 39255] template0 の age 値について


掲題、 template0 の age 値と VACUUM についてお伺いします。

これまで 8.1.4 版を使用していて

SELECT datname, age(datfrozenxid) FROM pg_database;

の結果として大体、次のように表示されていました。


datname | age
-----------+------------
postgres | 1074996784
userdb | 1085430831
template1 | 1084003325
template0 | 85177896
(4 rows)

バージョンを 8.2.5 にした所、上記の age の値は遥かに小さくなり
どうやら、最初から 10 億あたりの値ではじまるわけではなく、データベースが
構築された状態のトランザクション数の数千から数万ではじまって、
パラメータ vacuum_freeze_min_age で定義される値を超えた所で
VACUUM が実施されると、 vacuum_freeze_min_age 付近まで下がるというのは
わかったのですが、 template0 の値だけは影響を受けずにあがる一方の
ようなのですが、これは問題ないのでしょうか?
(普通に上記の SELECT 文を連打してるだけでも少しずつあがる感じに見えます)

VERBOSE オプションで VACUUM を実施した所、やはり、 template0 に対しては
VACUUM をしているようには見えませんでしたので周回エラーについて
ちょっと心配になったのですがよろしくお願いします。

なお、 age の値の変化については vacuum_freeze_min_age の初期値( 1 億)まで
トランザクションを起こすことができていないので、数万程度の age の表示の所で
vacuum_freeze_min_age を 10000 にして VACUUM を実施した所、 template0 以外は
10000 付近まで下がったのですが template0 は変わらなかったという所によります。
確認の仕方に問題がありましたら、あわせて指摘下さると幸いです。
また、 VACUUM は vacuumdb ユーティリティで行いました。
template0 や他のものについてトランザクションがそうそう起こるとは考えて
いませんが、それでも増える一方に見えるのが心配になった次第です。

PostgreSQL2年生になりました、熊猫
_________________________________________________________________
確定申告大丈夫?Live Searchで検索していろいろ下準備。
http://search.live.com/results.aspx?mkt=ja-jp&q=%E7%A2%BA%E5%AE%9A%E7%94%B3%E5%91%8A&FORM=MGCEAB

投稿者 xml-rpc : 2008年2月26日 08:08
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/70354
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。