2008年2月14日

[pgsql-jp: 39201] Re:主キーのINDEXの削除の仕方

お返事ありがとうございます。

> 制約名は、情報スキーマを検索すれば分かります。
>
> select *
> from information_schema.constraint_column_usage
> where table_name='t_example';
> select *

> from information_schema.constraint_table_usage
> where table_name='t_example';
>
> 主キーの制約名は、「表名_pkey」のようです。
>
> これらを踏まえてalter table文を書くと、
>
> alter table t_example
> drop constraint t_example_pkey

なるほど、
制約というから、NOT NULLのコトかと思って
短絡的に消そうと思ったのですが、こういうコトになっていたのですね。

うまくテーブルの変更できました。
ありがとうございました!

- YAMANEKO / Mao
http://yamamaya.com/

投稿者 xml-rpc : 2008年2月14日 16:29
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/69736
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。