2008年2月 8日

[pgsql-jp: 39156] Re:CentOSなどのディストリビューションの環境下で8.3をインストールするとき。

小山です。

2008/2/8 Masafumi Horimoto <horimoto@xxxxx>:
> 具体的には、
> CentOS5.1で
> httpdがインストールされた状態

> 依存関係からpostgresql-libs-8.1.11-1.el5_1.1もインストールされる

> これは、内部的には、以下のファイル群を提供している。

<snip>

> これらが少くともhttpdとは依存し合っているはず。

手元の CentOS 5.1 で調べてみると

# yum deplist httpd
:

postgresql 関連のものは依存してないように見えます。

> 結局これって、PostgreSQLに限らないのですが、
> PostgreSQL+Apache+PHPな環境で何か出来心でやろうと
> した場合の依存性回避の上手い方法ってどうされていますか?

仕事柄 PostgreSQL + Apache + PHP の環境はよく構築しますが

Apache httpd: パッケージのものを使う
PostgreSQL: 独自ビルド
PHP: 独自ビルド

で、問題になった覚えはありません。

--
小山哲志@ビート・クラフト
koyama@xxxxx
koyama@xxxxx

投稿者 xml-rpc : 2008年2月 8日 13:28
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/69558
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。