2008年2月 8日

[pgsql-jp: 39155] Re:CentOSなどのディストリビューションの環境下で8.3をインストールするとき。


From: Masafumi Horimoto <horimoto@xxxxx>
Date: Fri, 08 Feb 2008 12:28:02 +0900

このような場合には、該当する部分はパッケージ管理システムを
使わずに、関連部分はすべて自分で Build して使う。
が、正解ではないでしょうか。:)

パッケージ管理システムは、依存性のあるものを自動でインストール
してくれるとか、アップデートでセキュリティフィックスをしてくれる
のが便利な点ですが、Linux のパッケージ管理システムでは、
アップデートはあってもバージョンアップはありません。

したがって、私は Linux でバージョンアップを行うことが予想できる
ものは、RPM などからはインストールしないことにしています。

> 皆さんの中には色々なバージョンを(テスト目的などで)
> インストールされていらっしゃる方も少くはないかと
> 想像します。
>
> 結局これって、PostgreSQLに限らないのですが、
> PostgreSQL+Apache+PHPな環境で何か出来心でやろうと
> した場合の依存性回避の上手い方法ってどうされていますか?

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
(株) セントラル情報センター
後藤和政 kgotoh@xxxxx

投稿者 xml-rpc : 2008年2月 8日 13:09
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/69557
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。