2008年2月 5日

[pgsql-jp: 39146] Re:pgpoolによりバックエンドのデータベースの異常を検知できないでしょうか。

高尾です。

On 2008/02/01, at 14:54, Yoshiyuki Asaba wrote:

> From: 高尾 宏治 <kouji@xxxxx>
> Subject: [pgsql-jp: 39127] pgpoolによりバックエンドのデータベースの異常を検知できないでしょうか。
> Date: Thu, 31 Jan 2008 14:53:58 +0900
>

>> しかし、セカンダリのデータディレクトリが
>> アンマウントされるというような異常が発生したときは、
>> クエリのレスポンスからpgpoolが異常を検知し、
>> セカンダリを切り離すようにはできないものでしょうか。
>> pgpoolの設定などで実現できるのであれば、
>> ご教授いただけないでしょうか。
>> また、もし、現在のバージョンではそのようなことが設定できないのであれば、
>> 機能の追加をご検討いただけないでしょうか。
>
> 現時点では replication_stop_on_mismatch を false にしている場合は、縮
> 退運転に入りません。
>
>
> どうするのがよいかを検討してみましたが、max_connections オーバーなどの
> ような一時的なエラーの扱いなどを考えますと、申し訳ありませんがすぐに対
> 応するのは厳しいところです。

了解しました。

本当は、replication_stop_on_mismatch を true にしたいのですが、
複数のプロセスでSELECTとINSERTが入り乱れる場合に、不整合が発生し、
縮退運転に移行してしまうことが発生してしまい、それ以降は、
replication_stop_on_mismatch を false にして運用しています。

たぶん、アプリケーションの改修で異常が発生していないときに
不整合を発生させないようにもできると思うのですが、
技術不足で対応できておりません。

> ただ、pgpool ユーザからのリクエストには出
> 来るだけ応えたいとは思いますので、何か他のリクエストや改良案などござい
> ましたらお知らせください。

ありがとうございます。
今後とも、よろしくお願いします。

> まずは大垣さんからのご提案があったように、pgpool 外からの監視をしてみ
> てください。

了解です。
今回は、Heartbeatと一緒に使っているmonで主サーバから従側のPostgreSQLを監視する予定です。

mon: http://mon.wiki.kernel.org/index.php/Main_Page

---
株式会社ネットワーク応用通信研究所 研究員 高尾 宏治
〒690-0826 島根県松江市学園南二丁目12番5号
HOYOパークサイドビル・2F
TEL:0852-28-9280 FAX:0852-28-9281
URL http://www.netlab.jp/
e-mail:kouji@xxxxx

投稿者 xml-rpc : 2008年2月 5日 14:48
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/69486
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。