2007年12月26日

[pgsql-jp: 39028] Re:7.1.3より8.2.5へのデータ移行について

片岡です。

青島 弘和 さんは書きました:
> 片岡様>
> 7.1からだと、おそらくキャリッジリターンの扱いの違いの問題じゃないです
> か? と言うのは具体的にはどの様な問題でしょうか?参考までに
> 教えていただけると助かります。

 改行コードとして使われることのあるキャリッジリターン(0x0d)を含む文字
列をダンプすると、7.1まではエスケープ(\M)されることなくそのままダンプ
ファイルに出力されていましたが、7.4あたりからはエスケープされていない
キャリッジリターンを含んだダンプファイルをリストアできなくなりました。

 その間のバージョンが移行猶予期間だったと考えられますので、バージョン
アップを長らく行わなかったのが大本の原因とも見ることができます。一度
7.2〜7.3あたりを経由していれば問題にならなかったはずです。

 ですが、sedなどでエスケープ処理しながらリストアしてあげればすんなり処
理できますので、それほど神経質にならなくてもいい問題だとは思います。

--
Hiroki Kataoka <kataoka@xxxxx>

投稿者 xml-rpc : 2007年12月26日 12:11
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/68000
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。