2007年12月25日

[pgsql-jp: 39023] Re:ウォームスタンバイサーバがフェイルーバーで起動しない

稲村です。お世話になります。

ありがとうございます。

Teraoka Yoshinori さんは書きました:
> 寺岡です。
>
> Nobuaki Inamura wrote:

>> で、いざフェイルオーバーをさせようと、以下の手順を行いました。
>> 1./tmp にfailover.5432ファイルを置いてリカバリ状態を停止させる。
>> 2./tmp/failover.5432を削除
>> 3./var/local/pgsql/data/recovery.confをrecovery.doneにリネーム
>> 4.Postgresを起動
>
> これはリカバリモードで動作していた PostgreSQL を一旦停止させたという
> ことでしょうか?
> recovery.conf も mv とかでリネームしたのでしょうか。
> pg_standby の中身を知らないのですが /tmp/failover.57481 というファイルが
> 存在したらリカバリモードを抜けるようになっているとすると postgres が自分で
> recovery.conf をリネームするはず。
> そして、接続できるようになるはずです。
そのとおりです。/tmpにfailover.57481ファイルがあればリカバリモードを抜ける、という仕様です。
が、その後自動リネーム&再起動してくれませんでした。
なので手動でリネーム&再起動していました。

で、色々調べて原因が発覚いたしました。
情けないことにファイルの権限でした。
手動で/tmp/failover.57481ファイルを作成する際にrootで作成していたためうまく動作しなかったようです。
お騒がせをいたしました。

それにしても、手動で再起動すると起動できないのですね。


--
Nobuaki Inamura : inamuran36@xxxxx

投稿者 xml-rpc : 2007年12月25日 19:44
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/67945
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。