2007年12月25日

[pgsql-jp: 39022] Re:7.1.3より8.2.5へのデータ移行について

片岡です。

 補足です。下記のメールの中の^Mはキャリッジリターンのことです。bashなら
ctrl-V⇒ctrl+Mの2ストロークで入力できます。決して見たまま'^'+'M'の2文字に
しないでください。すでにお分かりなら失礼しました。

Hiroki Kataoka さんは書きました:
> 片岡です。

>
>  7.1からだと、おそらくキャリッジリターンの扱いの違いの問題じゃないです
> か? だとしたら、
>
> sed 's/^M/\\r/' 旧ダンプデータ > 新ダンプデータ
> psql ... < 新ダンプデータ
>
>  もしくは新ダンプデータを作成せずに、
>
> sed 's/^M/\\r/' 旧ダンプデータ | psql ...
>
>  でいけると思います。
>
> 青島弘和 さんは書きました:
>> お世話になっております、青島です。
>>
>> 鈴木様・あさかわ様
>> 貴重なご意見、ありがとうございました。
>>
>> pg_restoreでの復元は難しそうなので、psqlの入力ファイルに
>> pg_dumpの出力を使う様にしました。
>>
>> そこで、問題なのですがエスケープシーケンスの扱いが
>> 8.2.5では変わっている様で、standard_conforming_strings
>> で何とかなる様な気がしたのですが、だめでした。
>>
>> フィルタを通して置換すれば良いとは思いますが、なんとか
>> 過去のエスケープシーケンスが有効となる方法は
>> ないものでじょうか?
>>
>> 以上、宜しくお願いいたします。
>

--
Hiroki Kataoka <kataoka@xxxxx>

投稿者 xml-rpc : 2007年12月25日 19:30
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/67944
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。