2005年4月16日

[openoffice:7678] OpenOffice.org News Update / 2005-04-16

========================================================================

OpenOffice.org News Update / 2005-04-16

発行:OpenOffice.org 日本ユーザー会
http://ja.openoffice.org/

========================================================================
* おしらせ & ニュース
- [セキュリティホールが見つかりました]

- [2.0開発状況]
- [Neo Office/J バージョン1.1リリース候補が登場]
- [OpenOffice.orgカンファレンス、好評でした]
- [Native Lang評議会リードのCharles-H. Schulzさん来日。ただしMLにて]
- [Googleデスクトップ OpenOffice.orgプラグイン]
- [Javaの影響:OpenOffice.org 2.0とFOSSコミュニティ]
- [マイクロソフトによる、Microsoft OfficeとOpenOffice.orgの比較]


-------------------------- おしらせ & ニュース --------------------------

■セキュリティホールが見つかりました
 すでに、ニュース速報としてお知らせしておりますが、OpenOffice.org 1.1.x
および開発中の2.0にセキュリティホールが見つかりました。Microsoft Wordの
Docファイルで細工が施されたものを読み込んだとき、任意のプログラムを実行
させられる恐れがあるというものです。

 信頼できないDocファイルをOpenOffice.orgで開かないでください。現在、差
し替え用ファイルをQA(品質保証)テスト中です。詳しい状況は、下記のOOoWiki
ページをご覧ください。

http://openoffice.s16.xrea.com:8080/pukiwiki/pukiwiki.php?%5B%5BOpenOffice.org1.1.4%A5%D2%A1%BC%A5%D7%A1%A6%A5%AA%A1%BC%A5%D0%A1%BC%A5%D5%A5%ED%A1%BC%A4%CE%C0%C8%BC%E5%C0%AD%C2%D0%BA%F6%5D%5D


■2.0開発状況

 ベータ版に続いて、多くのアルファ版がリリースされています。
 現在、1.9.m93が公開されています。Base機能が充実したほか、未訳だった部
分の翻訳が統合されつつあります。

・Windows、Linux、Solaris x86/sprac用1.9.m93
http://download.openoffice.org/680/index.html

 また、OzkさんによるMac OS X版1.9.m92も公開されています。
 こちらは、portingでの加藤さんのディスカッションを参考にしてパッチを当
てたので、日 本語入力関連の問題が改善しています。jmodeで日本語が入力でき
ることを確認 しました。

・OpenOffice.org Japanese Localized Version for Mac OS X: X11
 OOo1.9.92Mac_J_pkgs1.zip
OOo1.9.92Mac_J_pkgs2.zip
http://sourceforge.jp/projects/waooo/files/

 展開したフォルダに入っている.pkgを全部インストールするのが良いと思いま
す。インストール先は/Applications になっています。


■Neo Office/J バージョン1.1リリース候補が登場

 Mac OS X版の本命とも言えるNeo Office/Jに、バージョン1.1リリース候補が
公開されました。こちらはAqua上で動作し、他のMacアプリケーションと同様に
メニューバーが画面上部に表示されます。ことえりやATOKといったOS Xネイティ
ブの日本語IMEも動作します。

 Neo Office/Jホーム
http://www.planamesa.com/neojava/ja/
 Mac版の開発動向
http://ja.openoffice.org/marketing/newsletter/2005/20050129.txt


■OpenOffice.orgカンファレンス、好評でした

 3月25日26日に開催されたOpenOffice.orgカンファレンス2005(同時開催、オー
プンソースカンファレンス2005)は、大盛況のうちに幕を閉じました。どのセミ
ナーも大変好評で、中には立ち見が出る回もありました。展示会場にも多くの人
にお立ち寄り頂きました。発表資料などは、こちら閲覧できます。

http://ja.openoffice.org/marketing/event/oooconja2005/


■Native Lang評議会リードのCharles-H. Schulzさん来日。ただしMLにて

 OpenOffice.orgコミュニティのNative Lang Confederation(ネイティブ・ラン
ゲージ評議会、以下N-L)のリードであるCharles-H. Schulz(チャールズ・シュル
ツ)さんが、ディスカッションMLに参加してくれました。N-Lは、OpenOffice.org
コミュニティにある言語ごとのコミュニティプロジェクトで、日本ユーザー会も
Japanese N-L Projectという位置づけになっています。シュルツさんは、この
N-L プロジェクトの集まりであるN-L評議会のリーダーで、パリに住んでいます
(日本の文化にも興味を持っており、宮本武蔵の五輪書を読んでいるそうです)。

 彼は、各地のN-L Projectを訪問するN-Lツアーを行っており、その最初の訪問
地が、日本ユーザー会でした(あくまで、インターネット上の話ですが)。4月2日
から13日までの滞在中に、多くのコミュニケーションが行われました。英語が苦
手な人も多いので、こうへいさんと平野さんが、通訳してくれました。

 このときのやりとりの模様は、ディスカッションMLの過去ログで読むことがで
きます。

http://ja.openoffice.org/servlets/ReadMsg?list=discuss&msgNo=8675
http://ja.openoffice.org/servlets/BrowseList?listName=discuss&from=826453&to=826453&count=78&by=thread&paged=false


■Googleデスクトップ OpenOffice.orgプラグイン

 PC上のローカルファイルを検索する「Google Desktop Search」は先ごろ日本
語ベータ版が公開されており、日本語でも検索できるようになりました。このツ
ールは、検索できるファイルの種類を増やせるSDKも公開されており、これを利
用してOpenOffice.orgファイルを検索できるというプラグインがLarry Gadeaさ
んによって公開されています。

 ただし現状では、OpenOffice.org文書内の日本語が文字化けしてしまいます。
ソースコードが公開されているので、どなたか調べてみませんか。

 Google デスクトップサーチ
http://desktop.google.com/
 Larry's GDSプラグインページ
http://www.trivex.net/


■Javaの影響:OpenOffice.org 2.0とFOSSコミュニティ

 OpenOffice.org2.0では、これまでよりもJavaを必要とする機能が増えていま
す。強化されたデータベース機能やWriterのウィザードなどでJavaが利用されて
います。OpenOffice.orgは、JRE(Java実行環境)がなくても動作します。しかし、
JREをインストールしていない環境で、それを必要とする機能を呼び出すと「JRE
には障害が存在します」というメッセージが表示されてしまいます。

 OpenOffice.orgを多くの人に使ってほしい私の立場から言うと、「この際だか
らJavaもインストールしちゃいましょう」となるのですが、同梱していない
Linuxディストリビューションがあり、これに対して批判が寄せられています。

 japan.linux.com
 Javaの影響:OpenOffice.org 2.0とFOSSコミュニティ
http://japan.linux.com/desktop/05/03/31/0219224.shtml


■マイクロソフトによる、Microsoft OfficeとOpenOffice.orgの比較

 4/12日、マイクロソフトは「改めて考えるOfficeソフト、デスクトップOSの価
値」をテーマにしたプレスセミナーを開催し、OpenOffice.orgとの比較情報を公
開したそうです。


 @IT
 MSから見た、OpenOffice.orgが使えない理由
http://www.atmarkit.co.jp/news/200504/13/ms.html

 MYCOM PC WEB
 Microsoft OfficeとOpenOffice.org、どちらを選ぶべきか
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2005/04/12/003.html

 Impress Enterprise Watch
 マイクロソフト、“あらためて”Officeの優位性をアピール
http://enterprise.watch.impress.co.jp/cda/topic/2005/04/12/5054.html

 IT Media
 マイクロソフトのOOoに対する姿勢は新手のFUDか?
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0504/13/news046.html

 日経ITPro
 Microsoft Office 5万円は高いか安いか
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/OPINION/20050414/159267/

 スラッシュドット ジャパン
 MSから見た、OpenOffice.orgが使えない理由
http://slashdot.jp/article.pl?sid=05/04/13/0414220&topic=104&mode=thread

 皆さんは、どう思ったでしょう。私にとっては、マイクロソフトさんが、わ
ざわざOpenOffice.orgを取り上げてくれたことが驚きでした。知名度・普及率
・人気・儲けの上でも、まだまだ敵わないのに。これ以上の感想は、とても長く
なるので、私のblogに書いておきます。

http://www.catch.jp/blog/blosxom.cgi/news/a20050413.html


--------------------------------- 宣 伝 --------------------------------

■『図解 オープンソースのことが分かる本』

 可知 豊 著
 A5判並製本 208ページ
 定価 1680円(税込)
 ISBN4-534-03905-0 C0004
 日本実業出版 http://www.njg.co.jp/)
 4月末発売開始

 LinuxやApacheに代表されるオープンソースは、個人にとって使い勝手がよい
だけでなく、コスト削減を図る企業や自治体にも盛んに導入されるようになりま
した。このように注目を集めるオープンソースですが、その解説本というと、や
やこしい理念か、高度なソフトウェア技術書ばかりです。本書では、オープンソ
ースの考え方、人気の高いソフトウェアがどんな場面で使われてるか、図解とと
もに詳しく解説しています。

 本書の対象読者は、IT技術の動向に詳しくない人たちですが、同時に、
OpenOffice.orgをはじめとするオープンソースソフトウェアを薦めたい・売り込
みたいという人にとっても、「オープンソースってこういうものなんだよ」と説
明するツールになると思います。

詳しくは、こちらをどうぞ。
http://www.catch.jp/blog/blosxom.cgi/book/oss.html
Amazonで予約も始まりました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?tag=plaseboeffect-22&path=ASIN/4534039050/qid%3D1113440131

-------------------------------------------------------------------------
[OpenOffice.org News Update]

このニュースレターは、ディスカッションMLで編集し、ユーザー会MLと案内MLに
投稿しています。お問い合わせは、OOoユーザー会ML・ディスカッションML、
または、ユーザー会の問い合わせ先(webmastersja@xxxxx)までどうぞ。

メールアドレスの変更・解約は次のページを参照ください。
http://ja.openoffice.org/ml_info.html
過去ログ・このニュースレターの詳細は、次のページで閲覧できます。
http://ja.openoffice.org/marketing/newsletter/

-------------------------------------------------------------------------
今回の編集:マーケティングプロジェクト catch(catch@xxxxx)

--[PR]------------------------------------------------------------------
★今、資料請求された方限定!★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓最大72万円のコースが
┃受┃講┃モ┃ニ┃タ┃ー┃募┃集┃中┃!┃無料受講できるチャンス!
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛>>>4月22日(金)まで
http://ad.freeml.com/cgi-bin/ad.cgi?id=dllBK
------------------------------------------------------------------[PR]--
■GMO GROUP■ Global Media Online www.gmo.jp


投稿者 xml-rpc : 2005年4月16日 07:27
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/4771
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。