2011年4月10日

[openoffice:12200] Re: 文章記入中でフォントが変わる

補足です。

On 2011/04/10 12:25, tora - Takamichi Akiyama wrote:
> 1. ライターを起動する
>
> 2. 「ツール」メニューの「オートコレクトオプション」を選択する
>
>    あれれ、OOo3.3.0 は「オートコレクトオプション」になっている。

>    以前は、「オートコレクト」だったようなうすら記憶。。
>
> 3. 表示された「オートコレクト」ダイアログの「オプション」タブを選択する
>
> 4. とりあえず、すべての項目の [M]欄、[T]欄のチェックマークをクリックする
>  などして、すべて外す。
>
>  それらの項目に記載されている機能は、半角スペースキーが押されたときや、
>  エンターキーが押されたときなどに、自動的に動き出す機能なんです。

そんな勝手に動き出す機能、便利どころか、使いにくいだけじゃないか。
と多くの人は、感じられるのではないかと思うのですが、、、

じゃ、なんでそんな機能がわざわざあるの? 
さて、私はわかりません。ヨーロッパや北米の多くの方々なのか、、、
ワードやライターの開発者だけなのか、とにかく、それが良いと信じているうです。


こうやると、少し慣れます。っていうヒントです。

1. 例えば http://xxx などと手打ちで入力し、半角スペースキーを押すと、
 その http://xxx 部分が、自動的に リンク に切り替わる機能が標準で
 チェックされています。「URL識別」という機能項目です。

2. もしそれが意図に反して行われ、ムッっとしたのでしたら、Ctrl キーを
 押しながら、z キーを一回押します。

 すると、リンク に切り替わっていた部分が 素の文字列に戻ります。

 ここで、Ctrl-Z キーは、「編集」メニューの「元に戻す」のショート
 カットキーです。

3. もう一回、Ctrl-Z キーを押すと、今度は入力した http://xxx の部分が
 少し消されます。 さらに押すと、さらに消されていきます。

このように、自動的に行われる「オートコレクト」という機能は、人手で行わ
れた作業ではありませんが、ライター、カルク、インプレスなど OpenOffice.org
では、人がわざわざ行った作業と同じように記録してくれます。
そして、Ctrl-Z で簡単に戻せるようになっています。

でも、やっぱり、いらぬお節介でしょうか?

Tora


MLホームページ: http://www.freeml.com/openoffice

----------------------------------------------------------------------
メンバーで使える掲示板を活用しよう!
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=gDeCn
-----------------------------------------------------[freeml by GMO]--


投稿者 xml-rpc : 2011年4月10日 12:46
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/103027
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。