2011年2月21日

[openoffice:12179] Slackware用LibreOffice3.3.0パッケージをリリース

はとちゃん@小江戸らぐです。

Slackwareを使用(利用)している方が、日本国内にどれほどいるのか
最近とても疑問に思っていて、そういう方々ならばLibreOfficeの
パッケージなど必要ないんじゃないかと...。

そういう思いはありながらも、選択肢があることはいいことなので、
Slackware用のLibreOffice3.3.0のパッケージをリリースしましたので

お知らせいたします。

http://sourceforge.jp/projects/slackware/releases/

libreoffice-3.3.0_en_US-i586-1_SBo.tgz 146.4 MB(本体)
libreoffice-langpack-3.3.0_ja-i586-1_SBo.tgz 2.0 MB(日本語パック)

SBoとあるのは、SlackBuild.orgのスクリプトを少しだけ変更した
ために、リスペクトして残してあります。

一応できて、Release Early, Release Oftenの精神で出したものの
依然として以下の課題があります。もしヒントをいただけると
マイナーアップデートで対応したいと思いますので、ご存じの方が
おりましたら、教えてください。

課題1
デフォルトのアジア言語フォントがWenQuan(文泉)...フォントと
なっているので、立場上IPAフォントにしたいのですが、その
設定方法はどうすればよいか

課題2
メニューのフォントが均等になっているが、これをIPA UIゴシック
フォントまたはIPA Pゴシックにしたいが、これの設定方法をどう
すればよいか

いずれも日本語パックで英語ベースのものを上書きする形でできる気が
するのですが、あくまで個人の印象なので、できるかどうか...。


MLホームページ: http://www.freeml.com/openoffice

----------------------------------------------------------------------
飲み会の予定はスケジュールに入れてメンバーに共有しよう!
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=g1pCE
-----------------------------------------------------[freeml by GMO]--


投稿者 xml-rpc : 2011年2月21日 10:14
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/102150
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。