2010年10月15日

[openoffice:12097] Re: The Document Foundationの目指すもの

鎌滝@OpenOffice.org日本ユーザー会です。

ご意見ありがとうございます。

At Fri, 15 Oct 2010 10:43:31 +0900 (JST),
Satoru Matsumoto wrote:
>
> 松本です。

>
> (2010/10/14 0:22), Yosuke Kato wrote:
> > こんばんは。Yです。
> >
> > The Document Foundation(TDF)が一体何を目指していて、そもそもOOoとどのよ
> > うな関係なのかが分かりにくい部分があったかと思うのですが、そのTDFが今
> > 後10年で目指すもののマニフェストを発表しました。
> > 強引に一言にまとめると、「TDFはOOoのますますの発展を目指します。」という
> > ことになります。
> >
> > マニフェストの日本語参考訳を作りましたので、良ければご覧ください。
> > http://oooug.jp/sns/?m=diary&a=page_detail&target_c_diary_id=623
>
> 翻訳/紹介、どうもありがとうございます。
>
> さて、この記事とか見る限り
> http://www.linuxjournal.com/content/oracle-confirms-committment-openofficeorg
> Oracle は Oracle で OpenOffice.org プロジェクトを続けていくつもりだとの
> こと。とすると、TDF との間で相互フィードバックはあるのかもしれませんが、
> 今後 (オフィススイートとしての) OpenOffice.org と LibreOffice が並行して
> リリースされていくことになり、使う側からすると、同じものなのか違うものな
> のか、違うならばどこがどう違うのか、どちらを使うべきなのか、いろいろ混乱
> の元ともなりそうです。
>
> で、oooug は今後どうしていくのか、気になります。

現段階では情報が少なく、また流動的な状態もしばらく続きそうなので、以下
の結論を出すには、まだ時機尚早だと思います。

The Document Foundation(TDF)を立ち上げた人の中には、立ち上げ時に
OpenOffice.orgのマーケティングプロジェクト、コミュニティカウンシルのリー
ドを兼任されている方がいらっしゃいました。ここ数日のうちに、
OpenOffice.orgの役割を辞任したり、役割の返上を求められている人もいます。
今日はカトロニア語のプロジェクトリードも辞任するようです。

こんな感じで、多少OpenOffice.orgコミュニティが揺れているのも気がかりで
す。まずは情報収集が必要ではないでしょうか。

ただし、OpenOffice.orgとLibreOfficeの違いは、率先して調べたいと思いま
す。さっそく昨日ベータ2がリリースされた件は、ユーザー会のニュースにし
ました。

The Document FoundationがLibreOfficeのベータ2をリリース
http://sourceforge.jp/forum/forum.php?forum_id=24330

見つけたLibreOfficeの独自機能は、わたしの日記に書きました。

LibreOfficeの独自機能 Calcシートの追加用タブ
http://oooug.jp/sns/?m=diary&a=page_detail&target_c_diary_id=626

みなさんも違いを見つけたら持ち寄ってください。

> * 引き続き本家 (Oracle 版) OOo を対象としていく
>
> - この場合 LibreOffice はどう扱っていくの?
>
>
> * 対象を LibreOffice に切り替える
>
> - だったら、会の名称も変えないとおかしなことになっちゃうよね?
> - その場合、本家版とはどういうスタンスを取る?
>
>
> * どっちもサポートしましょう…というスタンス
>
> - この場合も会の名称を再考しないとますいんじゃないか。
> - 実質的にどちらも同じもの…であるうちはいいんですが、そのうち「混ぜるな
> 危険」という状態になることもあり得ると思うので、そのへんをどうケアして
> いくか。

基本的にはペンディングですが、2番目はないでしょう。

> 個人的には LibreOffice (というか TDF) を応援したいという気持ちが強いの
> で、TDF の一部、日本語化や日本語ユーザ向けのプロモーション、マーケティン
> グを担当するサブチーム…みたいな感じでまとまっていけたら幸せなんじゃない
> かと思うんですが、どうでしょう。こういった議論はどこかですでにスタートし
> ているのでしょうか?

個人ユーザーの方は、LibreOfficeをお使いになる方が多いのではと思います。
しかし、企業ユーザーの方は「オラクル」ブランドの方が安心かもしれません。
このあたりの判断が難しいですね。

オラクルが「OpenOffice.org」の商標権などをTDFに寄贈してくれれば、みん
ながハッピーになれますよね。個人的には、オラクルの日本法人に要請書を提
出するのもユーザー会の仕事かな、と考えています。

TDFのメーリングリストに関しては、ドイツ語のものが作成されました。いず
れ日本語のメーリングリストも開設される可能性はあります。

また、ユーザー会の作成した「日本語環境改善拡張機能」は試した限りでは、
LibreOfficeでも動きます。このことから拡張機能に関しては、LibreOffice
もサポートしていくことになると思います。

LibreOfficeの標準アイコンが大きく異なるイメージテーマなので、Windowsユー
ザーは違和感を憶えると思います。数日以内にChangeLibOIconsToOOo.oxtとい
う拡張機能のリリースを考えています。解説書などの画面とUIが違うと操作が
できなくなる人もいますので。

なお、ユーザー会の財団設立への賛意メールはTDFへお送りしました。

--
M.Kamataki
http://oooug.jp/
http://oooug.jp/sns/
http://oooug.jp/faq/
http://openoffice-docj.sourceforge.jp/wiki/
ブログユーザー募集中


MLホームページ: http://www.freeml.com/openoffice

----------------------------------------------------------------------
一部のメンバーだけにMLメールを送ることができるようになりました!
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=fY8ZC
-----------------------------------------------------[freeml by GMO]--


投稿者 xml-rpc : 2010年10月15日 22:09
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/99133
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。