2010年6月20日

[openoffice:12001] Re: Ooo雑観

Yです。

On Wed, 16 Jun 2010 14:07:40 +0900 (JST)
草野 尚(篠原 尚)kusano wrote:
> Ooo 1.0.0のムック本でした。
> 「無料」という麻薬に魅せられ本を早速購入して
> インストールしました。

私も1.0のリリースニュースを見て、「へー無料なんだー」といった感じでイン
ストールしました。

> 当時インストーラも50MB位のサイズで、

でも、ダウンロードしようとしたらアジアでは中国にしかミラーが無く、やたら
回線も細かったためなかなかダウンロードできませんでした。
当時は一太郎を購入するとインターネットディスクが50MBおまけで付いてきたの
ですが、その公開フォルダ機能を使って再配布されたりしていました。

英語の文書を作るのにはまともに使えそうな感じでしたが、日本語となるともう
全然ダメ。禁則処理もおかしくて、文頭に平気で句読点が来ていましたね。そん
な問題を調べているうちに、日本語での原稿用紙の正しい使い方について改めて
調べたりしましたっけ。

私の記憶では、禁則処理なども動くようになっていたのは開発コード643cからだっ
たはずです(後の1.1だったかなぁ?)
しかし、643cでまともに使えるようになったからと調子に乗っていたら、その後
の正式版では開発版で作ったファイルの数式が全て再編集不可になっていて、安
易に開発版を使用するものではないというのを身をもって知りました。

当時から考えると、そもそも使い物にならない、というレベルの不具合はさすが
にもうあまりないかなと思います。
機能追加の要望は「それは全言語において必要なのか?」という評価を受けるた
め日本独特のものは却下されるケースもままありますが、かなりまともになった
んではないでしょうか。


ちなみに、個人的には
・Mathで高校生レベルの数式まではかなりまともに書けること
・Calcが画面の見た目通りに印刷されること
・Calcで日本語と英語フォントを別に指定できること
なんてのががOpenOffice.orgの売りになるんじゃないかなぁと思っています。

--
Y(Yosuke Kato) http://ooo-y.jp/
http://twitter.com/yosuke_kato
OpenOffice.org Users Group Japan
http://oooug.jp/


MLホームページ: http://www.freeml.com/openoffice

----------------------------------------------------------------------
サークルや友達同士の連絡をカンタンに!ML作成はコチラから
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=f4FHh
-----------------------------------------------------[freeml by GMO]--


投稿者 xml-rpc : 2010年6月20日 23:39
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/96544
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。