2010年5月11日

[openoffice:11971] Re: 【解決】 OpenOfficeの拡張機能を含んだサイレントインストールの方法

瀧澤@家です。

えぇっとこのタイミングで言うのはあれなのですが・・・
実は、OpenOffice.orgのmsiファイルをOrcaで見ていただくとわかるのですが、
インストール処理の最後に拡張機能をインストールする処理が入っています。
特に細かい指定が必要なければこれを使っていただくのが良いかと思います。

実際にやるのは、

1)setup.exe/msiファイルがある場所にextensionというフォルダを作る。
2)extensionフォルダに、oxtファイルを入れる。

これだけです。

以下の私の作ったCDイメージではそんなことをやっています。
良かったら使ってみてください。

http://ooopackages.good-day.net/pub/OpenOffice.org/cdrom/OOo320JPS_0.3.iso

それでは

On Mon, 10 May 2010 18:30:58 +0900, Ishiguro Tatsuo
<ishiguro@xxxxx> wrote:

> 石黒です。瀧澤さま、大変お世話になりました。
>
> 以下のように、Windowsだけですが、作成することができました。
> 拡張パッケージをうまく配布できれば、環境設定も統一できるようですね!
>
> 【手順1】OpenOfficeと拡張パッケージの作り方 (VBScript版)
> '=====ここから、OOo-install.vbs==(大分端折っています)=================================================
> ' OpenOfficeサイレントインストール
>
> Option Explicit
> On Error Resume Next
> Dim shell
>
> 'WScript.Shellオブジェクトを取得する
> Set shell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
>
> ' 旧OOo3.2を削除する場合、ここをコメントアウトして実行する。
> '3.2.0 setup.ini productcode={F19B0AC6-30A7-4B77-B2D2-11F9824E1621}
> 'shell.Run "msiexec /qb /x {F19B0AC6-30A7-4B77-B2D2-11F9824E1621}", 0,
> True
>
> ' Ooo本体のインストール
> shell.Run "msiexec /qb /i
> \\Server\OpenOffice\ooo320\openofficeorg32.msi", 0, True
> Err.Clear
>
> MsgBox
> "OOo拡張パッケージをインストールします。黒い画面はそのままにしておいてください。"
> ' 拡張パッケージのインストール 順番に、インストールしてゆく。
> shell.Run """C:\Program Files\OpenOffice.org 3\program\unopkg"" add -f
> --shared \\server\OpenOffice\DisableFirstStartWzd.oxt", 1, True
> shell.Run """C:\Program Files\OpenOffice.org 3\program\unopkg"" add -f
> --shared \\server\OpenOffice\DefaultSettingsForJapanese-nomsg.oxt", 1,
> True
> shell.Run """C:\Program Files\OpenOffice.org 3\program\unopkg"" add -f
> --shared \\server\OpenOffice\NoWriterTemplate-nomsg.oxt", 1, True
> 'ここに、オリジナル設定を追加した。
> shell.Run """C:\Program Files\OpenOffice.org 3\program\unopkg"" add -f
> --shared \\server\OpenOffice\MyLocal.oxt", 1, True
>
> MsgBox "OpenOfficeのインストールは完了です。"
> Set shell = nothing
> '=====ここまで、OOo-install.vbs==============================================================================
>
> 【手順2 既存の拡張パッケージのメッセージの削除方法】
> [openoffice:11965] 参照
>
> 【手順3 オリジナル拡張パッケージの作り方】
> http://twitter.com/mtaki_goodday/status/12505028304 を参考にする。
>
> 補足1.環境設定などの一覧を見るには、
>   http://extensions.services.openoffice.org/ja/project/configviewer 
>   をOOoに拡張パッケージとしてインストールする。
> 補足2.「ツール(T)」-「Configration(H)...」を開いて、適宜該当場所を探す。(ちょっと大変)
>   Export機能があるので、環境設定を変更する前後を保存して、変わった部分を探す。
>
> 以上です。
>
>
> On Mon, 10 May 2010 11:07:23 +0900 (JST)
> Makoto Takizawa <takizawa@xxxxx> wrote:
>> 下記のエクステンションを使うと見れますよ:)
>> http://extensions.services.openoffice.org/ja/project/configviewer
>>
>> 後、OOoのレジストリシステムのデータは、原則XMLで保存されています。
>>
>> 設定を固定するとか変更する時は、XMLデータをそのまま持ってきて、
>> 拡張機能にするのが楽で良いですよ。
>
>
> MLホームページ: http://www.freeml.com/openoffice
>
> ----------------------------------------------------------------------
> 共有スケジュールに予定を登録してメンバーに共有しよう♪
> http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=fu8Hg
> -----------------------------------------------------[freeml by GMO]--
>


--
Makoto Takizawa @ Osaka,Japan


MLホームページ: http://www.freeml.com/openoffice

----------------------------------------------------------------------
連休中に撮影した写真はもうMLにアップした!?
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=fuEus
-----------------------------------------------------[freeml by GMO]--


投稿者 xml-rpc : 2010年5月11日 00:30
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/95681
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。