2010年2月10日

[openoffice:11884] Re: OpenOfficeの拡張機能を含んだサイレントインストールの方法

Ishiguro Tatsuo wrote:
> もう直ぐ、3.2が出るようですので、大量にインストールするため、検討をしています。
....
> なお、今、下のようなVBSファイルを一般ユーザーに実行させようと考えています。
> これに追加して、自動でコントロールする方法はあるのでしょうか?

> 'WScript.Shellオブジェクトを取得する
> Set shell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")

....
> shell.Run "msiexec /qb /i \\Server\OpenOffice\msi-ooo311\openofficeorg31.msi"
....

に続いて、念のため数秒間待つようなコードを書いて、それから、

たとえば、こちら↓の VBScript のコードに書いてあるような感じで、

マクロ/PDF変換/PDF-DokodeMOOo
http://openoffice-ja.org/wiki/?shortcut=c0486d

そのまま VBScript にて、OpenOffice.org を直接操作し、
「ツール」「オプション」の設定値を変更するという方法もありかと。

「ツール」「オプション」を OpenOffice.org Basic 経由(つまり、ここでは
VBScript)で操作する方法は、インターネットを検索すれば、参考例や参考と
なるコード例などが見つかるのではないかと思います。
もちろん「日本語環境改善拡張機能」内部のコードも参考になるかと思います。

中途半端でごめんなさい。
VBScript で、つまり OpenOffice.org Basic もどきで、そのまま操作できますよ。
ということをお伝えしたくて、お返事してみました。

技術的な詳細については、

StarOffice 8 Collection - Japanese
http://docs.sun.com/app/docs/coll/1268.1?l=ja

「StarOffice 8 開発ガイド」(PDF)で vbscript などのキーワードを検索
してみてください。

To


MLホームページ: http://www.freeml.com/openoffice

----------------------------------------------------------------------
メール容量が5倍にアップ!MLメールがもっと便利になりました!
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=fbcYR
-----------------------------------------------------[freeml by GMO]--


投稿者 xml-rpc : 2010年2月10日 14:40
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/93171
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。