2009年4月20日

[openoffice:11559] Re: OOoWiki ページの無断処分について (その1)

(樋口さん、ごめなんさい)

IWAI, Masaharu wrote:
> 著作者の意思とか思いをもうちょっと尊重するようなやり方を選んだ方が
> よかったということは言えるとは思います。

はい。

> しかし、著作権云々の話をするならば、それを侵害したか否か
> という観点になるとは思うんですが、それを出してくるってことは
> 著作権の侵害があったとお考えで?

いえいえ、今回の無断処分事件については、「著作権」の侵害とかではなくて、
「所有権」の侵害ではないかと。そこを発表の場として置いておいた他人の
著作物つまりは所有物を承諾なく勝手に処分してしまった。ということなのでは。

とはいっても、法律に触れてしまうかどうかは、私は専門家じゃないですから
なんともです。


> 不法行為があったのなら謝罪すべきですね。
> 今回の件は不法行為自体はないと認識しています。

法律に触れないまでにしても、日々の生活で、例えば、電車に乗ってて、
よろけて他人の足をふんじゃったら、「ごめんなさい」って謝りますよね。
もしその一言が無かったら、それを見ていた人達も含めて、その場の
雰囲気って、どうなっちゃいます? ヤバくないでしょうか。

そんな基本的なことが、欠けちゃっているような気がしてなりません。

> 今回の「管理会社」の行為が不当だったか否かについては
> 議論がわかれるところでしょう。
> 私としては、もっと上手いやり方はあったとは思うけど、
> それはもう済んだことなので仕方ないと思っています。

だからといって、薬害エイズ、食品偽装、事故米、、、
「もう済んだことだからしかたがない。」
っていうわけにはいかないでしょう。

まず、謝らなきゃいけないことについては謝らせる。
必要であれば、その事件の経緯を調査する。
そして、同様な事件が今後起きないように対策をとる。
っていうのが、社会として、当たり前のことではないかと。


OpenOffice.org の トップページ http://about.openoffice.org/
の右上の About というリンクをクリックすると、OpenOffice.org の
ミッションステートメントは、という記述があります。

OpenOffice.org's Mission Statement is...

To create, as a community, the leading international office
suite that will run on all major platforms and provide access
to all functionality and data through open-component based APIs
and an XML-based file format.

最近の活動を見ていると、この理念から外れてかけていることをやって
いるような気がしてなりません。
ユーザーの利益は二の次、組織論に没頭とか。


個人と役職とが、日本では混在しがちですが、、、

クリントン元大統領とモニカさんとの不適切な関係。米国民は大統領に
ついて議論したのでしょうか。それとも、クリントン氏という一人の成人
男性について議論したのでしょうか。

○○市役所の職員が電車の中で痴漢しました。さて、その市役所を訴え
ますでしょうか。その人を訴えますでしょうか。

○○株式会社の重役が自身の役職を利用して、顧客データを持ち出したのは、
その会社について議論しますでしょうか。その重役について議論しますでしょうか。

最後の例のように、役職を利用した場合は背任ということになるわけですよね。

処分してしまったページが、OpenOffice.org の日本のユーザーにとって
有益であるか無益であるかというような観点で選ばれたのではなく、
誰が書いたかというような観点で選んだように感じられてなりません。

そうなってくると、個人的な感情に基づいて役職を利用した背任にあたり
かねないのではないかと。

まあ、事の真意は置いておいたとしても、同様な事件が今後起きないように
するための対策は必須ではないかと思います。

ではでは
Tora


【MLコミュホームページ http://www.freeml.com/openoffice

--[PR]------------------------------------------------------------------
〓〓〓〓〓皆さんは生命保険にどれくらいのお金をかけてますか?〓〓〓〓〓
案外、商品内容をよく理解せずに多額のお金を支払っている人が多いのでは。
なぜ?そういことになるかと言うと“生命保険の仕組み”が複雑すぎるから。
▼▽▼そんな日本の生命保険に「風穴」を開けようとする会社が登場した!!
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=dRe9W

------------------------------------------------------------------[PR]--
■GMO INTERNET GROUP■ GMO INTERNET www.gmo.jp


投稿者 xml-rpc : 2009年4月20日 13:08
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/84416
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。