2008年10月17日

[openoffice:11373] Re: OpenOffice.org 3.0 (英語版) リリース

OpenOffice.org 3 のダウンロード用のリンクが、以下のページで紹介
されていますが、
http://ja.openoffice.org/download/3.0.0/

手前味噌ですが、ダウンロード用のリンクについては、こちらの
wiki 内のリンクをお使いになられるのがよいのではないかと思います。

ダウンロード/3.0

http://openoffice-ja.org/wiki/?shortcut=bdac0a

理由は http://ja.openoffice.org/download/3.0.0/ で紹介している
リンク先は bouncer という、米国の大学で開発したシステムを利用し
ているようでして、ダウンロード用のミラーサーバーを全世界の約80
ものミラーサーバーの中からランダムに紹介してくれるようになって
います。

そのため、多くの場合に地球の反対側などからダウンロードするような
ことになり、ダウンロードに要する時間が長く掛かる、国際間のインター
ネットの通信量に負担をかけるようなってしまっている。企業や大学などで
proxy サーバーを運用していてキャッシュするように設定していると、
百数十MBのファイルサイズの同じ内容のファイルが 80 個近くキャッシュ
されてしまうというようなことになる。などというような欠点があります。

OpenOffice.org本体のオンライン更新について
http://oooug.jp/faq/index.php?faq/4/1081

というわけで、せっかく、日本に少なくとも4つのミラーサーバーがあり、
短時間にダウンロードできるような環境にあるにもかかわらず、日本の
ミラーサーバーが紹介される確立は、4/80 程度となってしまっています。

これらの欠点については、すでに OpenOffice.org のミラー関連のプロ
ジェクトにおいては認識されていまして、アクセス元のIPアドレスから
ユーザーのいる国や地域を判別し、その国や地域もしくは近隣のミラー
サーバーを紹介するようにと、bouncer に対する機能追加作業がおこな
われている最中です。

また、Mac OS X (Intel) 日本語版としてリリースされているファイルには、
すでにいくつかの不具合が報告されていますので、リリース候補4 と呼ば
れている方を使われるほうがよいのではないかと考えられます。

他言語設定のOSXでファイルを開けない
http://oooug.jp/faq/index.php?faq/4/1288

更新のチェックがありません
http://oooug.jp/faq/index.php?faq/4/1279

Tora


【MLコミュホームページ http://www.freeml.com/openoffice

--[PR]------------------------------------------------------------------
■□ 「ウコンの力」でおなじみのハウス食品が自信を持ってお届け!! □■
□■      『ハウスの天然効果(R)活性ウコン』         ■□
 
  ※通常価格2,000円(約30日分)⇒今なら半額の1,000円(税込・送料込)
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=cIi19
------------------------------------------------------------------[PR]--
■GMO INTERNET GROUP■ GMO INTERNET www.gmo.jp


投稿者 xml-rpc : 2008年10月17日 09:03
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/78104
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。