2008年8月20日

[openoffice:11248] Re: Issue 92577 - Writer ぶら下がり文字

樋口さん

情報、ありがとうございます。

>> 質問
>> ぶら下がってもよい文字とは、一般に、どのような文字でしょうか。

お教えくださいました資料やそのハンドブックなどを購入しようかと、

インターネットで検索していましたところ、

JIS X 4051:2004 日本語文書の組版方法
http://www.webstore.jsa.or.jp/webstore/Com/FlowControl.jsp?lang=jp&bunsyoId=JIS+X+4051%3A2004&dantaiCd=JIS&status=1&pageNo=0

2007年版 JISハンドブック 66-2.マルチメディア
http://www.webstore.jsa.or.jp/lib/lib.asp?fn=/jis2007/jis07_66-2.htm


日本工業標準調査会で、閲覧できました。

JISX4051 日本語文書の組版方法
http://www.jisc.go.jp/app/pager?id=0&RKKNP_vJISJISNO=X4051&%23jps.JPSH0090D:JPSO0020:/JPS/JPSO0090.jsp

さっそく最初から最後までページをめくってみましたところ、
「ぶら下がり」という概念については、どうやら、JIS X 4051 には
でてこないみたいです。

「ぶら下がり」などするのではなく、「追込み」や「追出し」するのが、
当たり前。というような印象を受けました。

=== 上記ページの PDF から引用 ===
3) 追込み(おいこみ) 禁則処理の一つの方法であって,字間を詰めて行中の文字数を多くすること。
4) 追出し(おいだし) 禁則処理の一つの方法であって,字間を広げて行中の文字数を少なくすること。
=================================

となると、、、
「ぶら下がり」というのは、原稿用紙での話であって、
通常の文書においては「ぶら下がり」は必要なし。
ということでいいのかしらん。

今度は、文部省かなぁ・・・

「追込み」の Writer への実装を考え始めたほうが、いいのかなぁ。

とりあえず、今回の Issue に関する暫定的な対処については、
以下の二文字にしておけばいいのなかなぁ。
 、。

>> Linebreaking does not work properly with Japanese punctuation
>> http://www.openoffice.org/issues/show_bug.cgi?id=92577


> http://ja.wikipedia.org/wiki/ぶら下げ組み
> の記述が適切であるなら、行末で全角取りの句読点を許容する・しないの設定も
> できるようにするんですか?

ふ〜む。

Tora


【MLコミュホームページ http://www.freeml.com/openoffice

--[PR]------------------------------------------------------------------
 ▼▼▼パン好きの私が、雑穀ごはんにハマリました!▼▼▼
「やずやの発芽十六雑穀 ふっくら一膳炊き」は常温保存で好きなときに
レンジで加熱するだけで、すぐにおいしい雑穀ごはんが味わえます。
ぜひ、おいしさを実感してみてください。
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=cwTIu
------------------------------------------------------------------[PR]--
■GMO INTERNET GROUP■ GMO INTERNET www.gmo.jp


投稿者 xml-rpc : 2008年8月20日 12:56
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/76474
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。