2008年4月28日

[openoffice:10960] Re: かもめの開発2007 - 2.4.0.1 リリースしました。

koyama wrote:
> Linux版にて、PHONETIC() 関数 を試しましたが、動作しませんでした。
> 症状
> A1セルに 北海道と入力
> A2セルに =PHONETIC(A1) しても 北海道のまま

はい。そのようになります。

たぼたぼさんがご指摘されているように、

たぼたぼ wrote:
> これ、エクセルで作ったファイルとの互換用ですね。
> 贅沢な希望かもしれませんが、カルクで直接入力して、ふりがなが表示できるよ
> うになると素晴らしいのですが・・編集ができるので(^^♪
> カルクだと漢字になってしまいます。技術的に難しいのですよね。

今回の開発では、かな漢字変換の入力時における読みの情報を記録する
ような機能については、実装しておりません。

理由は、Linux などを初めとする UNIX 系のかな漢字入力側の機能において、
そのような機能に必要となる基本的な機能(漢字変換時の確定した文字列のみ
だけでなく、入力された読みの情報も合わせてアプリケーション側へ渡す機能など)
がいまだ実現されていないからです。

そのような機能については、北東アジアOSS推進フォーラムにて、日中韓を中心に
仕様検討、開発、実装の取り組みが行なわれているようです。主要な Linux の
ディストリビューションが、近々、その成果を実装してくることだと思います。

「北東アジアOSS推進フォーラム 入力メソッド」検索
http://www.google.co.jp/search?num=50&q=%E5%8C%97%E6%9D%B1%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2OSS%E6%8E%A8%E9%80%B2%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0+%E5%85%A5%E5%8A%9B%E3%83%A1%E3%82%BD%E3%83%83%E3%83%89

「第5回北東アジアOSS推進フォーラム in 福岡」を開催
http://www.ipa.go.jp/about/press/20061122-2.html
『?.WG3:標準化・認証研究
 ・WG3は、入力メソッドエンジンのインタフェースに求められる機能について
  合意済みであり、2006年末までにその仕様書の草案第1版を作成する。』

http://wg3.neaoss.org/?q=public
- A second draft of the IM Engine SPI specification
- File: IM Engine SPI specification (2nd draft)(Portable Document Format)
- Public Date: September 12, 2007

で、元に戻って、では今回の開発で何を開発したかと申しますと、以下の第一、二、三、
の機能まで、実現方法の検討と実装を行なってみたというところです。

 第一
  ふりがな情報が含まれている Excel ファイルを OpenOffice.org で開いて、
  編集などして、Excel 形式で保存しなおしたたときに、ふりがな情報が欠落
  しないようにすること。

 第二
  ふりがな情報が含まれている Excel ファイルを OpenOffice.org で開いて、
  ODF ファイル形式(暫定的に独自に拡張した仕様)で保存し、閉じ、再び
  OpenOffice.org で開いて、ふりがな情報が欠落せずに元に戻ること。

 第三
  PHONETIC() 関数が含まれている Excel ファイル(および ODF ファイル形式)を
  OpenOffice.org で開いて、エラーとならずに、期待通り、ふりがな情報を返すこと。

 今後の検討(入力メソッド側が開発を進めてきたら)
  ・漢字変換入力時の読みの情報を入力メソッド側から受け取りセルに合わせて記録する。
  ・セルに読みの情報が含まれていない場合、PHONETIC()関数は、入力メソッド側へ
   かな漢字まじり文字列を渡して読みの情報の候補へ逆変換するように依頼し、
   入力メソッド側が機械的に逆変換した読みの候補として返してきた文字列を返す。

整理して、wiki に、転記しておきますね。
Tora


【MLコミュホームページ http://www.freeml.com/openoffice

--[PR]------------------------------------------------------------------
【あなたには、飢えと、恐怖と、暴力から子どもたちを守る力があります】
   3秒に1人 貧困を原因とする病気や飢えで子どもが死んでいます
     世界で1億1500万人の子どもが学校に通っていません
 ◆あなたのちからを少しだけ分けてください◆(セーブ・ザ・チルドレン)
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=bFGmE
------------------------------------------------------------------[PR]--
■GMO INTERNET GROUP■ GMO INTERNET www.gmo.jp

投稿者 xml-rpc : 2008年4月28日 15:35
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/72637
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。