2007年12月26日

[openoffice:10837] Re: OpenOffice.orgのクライアント展開・管理方法について

松内さん

どうもです。脱線しすぎちゃっているかも。。。

Matsuuchi Katsutoshi wrote:
> 松内です。
> 済みません(シンクライアント導入したいとずっと考えていた所だったので)
> OOoから脱線した内容を続けてしまってます m(__)m


Windows おんちの私がWindows Serverについてご説明しようとするのは無理があります。
こちら↓などや、もっと詳しい人が情報を教えてくださればよいかと思います。

http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/howtobuy/licensing/priclicfaq.mspx
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/technologies/terminalservices/default.mspx


> 私が誤解してるのかも知れませんが、SunRayでもサーバ上に仮想OSを格納し、そ
> れをクライアントからのコマンドにより起動させるんですよね??

いえ、違います。とも、はい、そうです。ともいえます。というか、どちらも
可能です。すみません。これではお答えになっていませんね。

> SunRayって、X-Windowターミナル・クライアント(←表現が変かな?)ってイ
> メージなんですが、誤解してますか?

そのイメージで、大枠正解といっていいと思います。ただし、次の点が異なります。
X Window 端末では、その端末の電源を切ってしまいますと、X Window の通信が
途切れてしまいますから、アプリケーションは終了してしまいます。

SunRayでは、各アプリケーションは、SunRayサーバーとして動作しているサーバー
マシン上のSunRayサーバーソフト内の仮想のX Window画面へ表示し、そのソフトが
SunRay端末へ仮想のX Window上の表示内容を通信で飛ばします。ですので、SunRay
端末の電源を切るとサーバーソフトとSunRay端末間の通信が途切れますが、アプリ
ケーションとサーバーソフト間の通信は生きたままであり、アプリケーションが
終了してしまうことはありません。

> もしかして、クライアントは各個人用OSイメージではなく、サーバを直接操作す
> る感じになるんですか?
> サーバを直接操作するのなら、OOoをサーバにインストールして、バージョンア
> ップもサーバのをアップするだけでOKなのでラクチンですが、
> 個別のOSイメージを(サーバ上に)持っていて、それを遠隔操作するのなら、
> 結局OOoはそれぞれにインストールし、それぞれでバージョンアップ作業が発生
> しますよね?
> サーバ内(ネットワークも使わない閉じた世界)で、各ユーザのOOoをバージョ
> ンアップなんて言うのは多分無理ですよね?

う〜ん。どのようにご説明すればよいのか。。。

識者の方に、私からも質問しちゃいます。

Windows ターミナルサービス?、ターミナルサーバー?って、OSは1つ、OSの
イメージも1つ。それでいて複数の人がそのサーバーマシン上にログオンする。
各ユーザーには個別に異なる画面が割り当てられる。
っていうので理解は正しいでしょうか。

Windows XP のログオン画面に複数のアカウントのアイコンがあって、あるアカウント
でログオンし、ログアウトせずにユーザーを切り替えて、別のアカウントで
ログオンし、、、と複数のアカウントで別々にログオンできて、しかも、画面は
それぞれのアカウントで別の画面となる。

でもって、Windows ターミナルサービスの場合はさらに、そのアカウント毎の画面がそれぞれ
別々の端末上に表示できる。でも、結局のところ、OSは1つ。だからアプリケーションの
インストールやバージョンアップはアカウント数には関係なく、サーバーの台数分だけ
行なえばいい。

っていうので理解は正しいでしょうか。


> 私の検証してたのでは、DHCPサーバからIPを貰うのにPXEで探しに行ってたと思
> います。
> そしてDHCPサーバ側でMACアドレスに対してリースするIPを指定して、固定IPっ
> ぽく使ってました。

そこの仕組みは、SunRayでもほとんど同じだと思います。ただ、SunRayではネット
ワークブートする必要はないのでPXEまで使う必要はないと思います。

また、端末が設置されている場所に合わせて、その近くのプリンタを自動的に
デフォルトのプリンタに設定する場合などには、SunRay端末のMACアドレスとそれに
割り振るIPアドレスを対応づけて管理するみたいです。デフォルトのプリンタを
設置場所ではなくアカウントに対応づける場合は、あまりシビアに設定しなくても
いいみたいです。

> 上のOOoのバージョンアップの話と同じかも知れませんが、
> オーディオやUSBを繋ぐ場合はOSをマウント(?)して、デバイスを接続してド
> ライバを、サーバ上にあるOS内に入れてやるんですよね?

その技術的な面は、すみません。私はよくわかっていませんです。単に私が知って
いるのは、大正町の案件で、日曜日に、SunRay端末の背面のコネクタにつながった
PC用のスピーカーからHipHopの音楽が流れていました。ってことです。

詳しくは、こちら↓
http://jp.sun.com/products/desktop/sunray/software/4.0/

> としたら、木本さんの期待されてる、HDD保護をして個体差撲滅ってのが、結局
> 今と同じになっちゃいそう・・・済みません、SunRayを理解できてないので、こ
> の辺に引っ掛かってしまっています。
> # Webページは見たのですが、それでも理解できずにいます (~o~)

個体差撲滅の部分が、ちと違いますです。SunRay端末の部分では個体差は出てこない
です。画面の投影元のOSをどのように設定・構成するかってところで、個体差が
出たり、出なかったり、ということです。


>> 画面 圧縮・暗号化 画面イメージ
>> Windows Server --------> SunRay サーバー --------------> SunRay 端末
>>

> ここのイメージがつかめません。
> クライアントはWin-Serverの画面を見ても嬉しくないですよね?

はい。そうですよね。

> AさんともBさんとも違う、自分用のPC画面が欲しい。。。

自分一人の画面です。

> その画面は自分用のOSですよね?

それは、構成の仕方しだいです。ターミナルサーバーのように共通の1つのOS上で動作して
いる複数の異なるユーザーの各人の画面のうち自分の画面を表示してもいいですし(他人の
画面を表示することはできないですよね)、VMWareなどのような仮想のOSを一人ずつ用意して
おきその画面を表示してもいいですし、、、

すみません。ますます、わからなくしているかもしれませんです。

> # 自分用にカスタマイズしたOOoを使いたい、とか
> そのOSはOSイメージのような感じでサーバに格納されているんじゃないんです
> か? (・o・?

多くの一般的なSunRayのシステム構成では、そのような使い方はしないと思います。

なぜって、わざわざ、運用コストを下げましょうっていう提案なのに、各ユーザー毎に
別々のOSイメージを用意したのでは、運用コストは下がらないです。

> そして、AさんはWinXP-Pro、BさんはWinVista、自分はVineLinux4.2が使いた
> い・・・とか。

そのような構成は、SunRayのシステムで可能です。でも、なぜにわざわざそんなことするの?

どうせなら、Aさん、Bさん、自分も、どのOSでも使える。っていう構成がいいかも。
なぜって、くどいようですけど、SunRayは、画面を遠隔に表示するだけのシステムと
言い切ってもいいかもしれないわけでして、バックエンドで動作しているあのOSの
画面を表示してちょうだい。とか、そのOSの画面を表示してちょうだい。とかできる
わけですから。

大正町の案件では、Solarisの画面がまず表示されています。その画面の中のWindowsの
アイコンをダブルクリックすると、ログオン画面が出てきてます。ログオンすると、
Solarisの画面の中にWindowsの画面が、単なる1つのアプリケーションのウィンドーの
ように表示されます。

そのウィンドーを小さくたたんでタスクバーにしまったり、ウィンドーの位置を動かしたり、
サイズを変えたりできます。Windowsが画面いっぱいに占拠しているのではありません。
もちろん画面いっぱいに占拠させることもできますけど。

何といえばいいのでしょうか、Windows Media Player や Quick Time のウィンドー内に
表示されているコンテンツが遠隔のWindowsの画面とでもいえばいいでしょうか。

もしかして、もっとわからなくさせてしまっているかも。

> あと、木本さんのメールで大学で学生向けにと言うお話が出てましたが、
> 学生がマルチメディア教材(MPEG2とか)を同時にグリグリさわりだしたら、

はい、ご指摘の通りです。世の中、端末あたり25万円程度のご提案で、魔法はありませんです。
SunRayはその仕組み上、動画の投影には弱いです。

> しかもアンチウィルスのリアルタイム・スキャンがかかったりしてたら、

え〜と、それは、SunRayとは別の次元の話です。

くどいようですが、SunRayサーバーは、画面の圧縮と暗号化、をするサーバーです。
それとは別にユーザーのためのOSが動作するサーバーが必要です。

ただし、Solaris、Red Hat Enterprise Linux、もしくは、SuSE Linux Enterprise Server を
SunRayサーバーおよびOSが動作するサーバーとする場合は、物理的に1つのサーバーマシンで
構成できます。詳しくは、こちら↓
http://jp.sun.com/products/desktop/sunray/software/4.0/

ってことで。

> 結構SunRayサーバもネットワークもいい感じになりそうじゃないですか ^^;

はい。ご指摘の通りです。

SunRayは、業務で使う端末上で映画などの動画を見る人はあまりいないでしょうから、
っていうご提案です。

ちなみに、スクリーンセーバーの3Dやグラフィックがぐにょぐにょ動くやつには弱いです。
SunRayサーバーに負荷がかかりますし、OSが動作するサーバーにも負荷がかかります。

スクリーンの焼け付きをセーブするのでしょうけど、同時にCPU使用率が高くなるわけです
から、消費電力が増して地球温暖化促進環境破壊ソフトとなるわけでして、、、とか何とか
言って、動きの激しいスクリーンセーバーはご法度。とユーザー様にはお願いしています。

SunRayサーバーのソフトと並んで、Sun Secure Global Desktop Software というソフトが
あります。
http://jp.sun.com/products/software/sgd/

このソフトを使うとSunRayシステムと似たようなことができます。

SunRayでは、SunRay端末が必要で、そのSunRay端末上に遠隔の画面が表示されます。
こちらのソフトでは、SunRay端末は必要なく、お使いのPC上に遠隔の画面が表示されます。
こちらのデモを体験してみるのも、いいかもしれませんです。

Tora

【MLコミュホームページ http://www.freeml.com/openoffice

--[PR]------------------------------------------------------------------
口臭・体臭・便臭などのニオイでお悩みの方にオススメ!噂の消臭サプリ!
  ◆ 【 爽臭革命 】2,940円(税込/たっぷり90粒入) ◆
  ◆  2袋以上送料無料!1袋の場合は送料100円    ◆
モニターでは92%もの方が実感したという驚きの結果も出ている人気商品!
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=aWdQV
------------------------------------------------------------------[PR]--
■GMO INTERNET GROUP■ GMO INTERNET www.gmo.jp

投稿者 xml-rpc : 2007年12月26日 03:56
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/67990
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。