2003年4月28日

[obu:02233] Re: 熱い!

私の対策をひとつ・・・・

OBSSについて以前書かせてもらいました。
その時のお話をまとめると、
高負荷だと、ファン無しでは壊れる可能性がある、
自然排気(チムニーダクト)でも無理。
というのが結論です。

私がやった工作で、1年以上の動作実績があります。
参考になれば・・・・・


過去引用
**************************************************

桑野@南大沢(八王子)です。

OBSS(パチンコ勝利品)を、まじめに本格稼動させるため、
熱対策をとりました。

用意するもの

ポリプロピレン板 1mmくらいなら何でも良い(柔らかいからハサミ
で加工できる)
ファン サイズの合やつ(いいかげん)5Vで4センチ角ぐらいがい

ヒートシンク JUSTY CORPORATION [DHS-C04]
http://www.justy.ne.jp/php/search.php?num=DHS-C04

LED側のアクリル(?)板と、コネクタ側の板を外し、
LED側のアクリル板と同じサイズでPP板をはさみでカットします。
そのPP板にファンを取り付け、電源コネクタに半田付けする。
コネクタがわの板は加工が大変なので外したまんま。
これで空気の流れは確保できますね。

今回、ヒートシンクを用意しました、これがまたゴキゲン(くさっ!)なやつで、
CPUボードのアルミ形状に気持ち悪いほどぴったりでした。
2mmのアルミと言えどもやわらかい金属なので、ボードに取り付けたままで
貼り付けると、ボードに圧力がかかり、とっても気分が悪いので、きっちり
分解してからヒートシンクを貼り付けました。

実際にガリガリ回して温度を測りたいのですが、熱伝対のような温度計を
持ってませんので、計ることはできません、しかし、金属ネジの部分を触っても、
一切熱を感じないので、ひとまず成功だと思います。


桑野

投稿者 xml-rpc : 2003年4月28日 17:35
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/8228
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。