2003年4月27日

[obu:02228] Q.bootloader kernel argumentsが利かない

こん**は、松鵜です。

SSD/Linuxのkernelを用いたkernelの再構築について、教えてください。
ftp://ftp.plathome.co.jp/pub/ssdlinux/distfiles/linux-ppc-2.4.20.tar.bz2
にSSD/Linuxの/usr/src/mkdist/kernel/linux-ppc-2.4.20-obs266.diff
をあててカーネルの再構築をしております。使用しているのはOBS266です。

General setupのDefault bootloader kernel argumentsにチェックをいれて、
Initial kernel command stringを"console=ttyS0,9600 root=/dev/hda3"と設定
しているのですが、いざmake zImageしてflashcfgでzImage.treebootを書き込んで

リブートしてみると、FlashROM起動時に、

(snip)
Booting from [FLASH] System FLASH ...

loaded at: 00500000 00A951F8
relocated to: 00400000 009951F8
board data at: 00992128 00992168
relocated to: 00404C48 00404C88
zimage at: 00405190 004A7504
initrd at: 004A8000 00991497
avail ram: 00996000 04000000

Linux/PPC load: root=/dev/ram
(snip)

となってしまいます。また、flashcfg -c harddiskとすると、

Linux/PPC load: root=/dev/hda1

となります。
ただし、INITボタンを押しながら起動すると、私が希望する

Linux/PPC load: console=ttyS0,9600 root=/dev/hda3

となってくれます。

INITボタンを押しながらでなくても3番目の方法で起動させたいのですが、
何か方法はありますでしょうか?

よろしくお願いします。

---
MATSUU Takuto
mailto:matsuu@xxxxx

投稿者 xml-rpc : 2003年4月27日 16:48
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/8223
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。