2003年4月24日

[obu:02217] Re: OpenBlockS 266

岡本@横浜 です。


> 我が家にも 4/19 に OpenBlockS 266 が届きました。
> 週末にしか、いじれないんですが顛末記を書いておきましたの
> で良かったら見てやってください。
> http://members.tripod.co.jp/kotsuka/openblocks/index.html

こちらのWebを読ませていただきましたが、私もSSD/Linuxの
評価のためVMwareの上に環境を作ろうとして苦労しました。


現行バージョンである0.2のUser's Guide
http://openlab.plathome.co.jp/ssdlinux/users.html
にあるように、カーネルの再構築をしないとVMware上の
SCSIディスクもNICも認識されないですので、これを行いました。
(ディスクはずっとIDEで行けばよいのかもしれませんが...)

しかし、これを行う過程で、さまざまな障害が発生。
たとえば、再起動をかけようとすると、よく/がbusyのため
unmountできず、次回起動時にfsckが入ります。これにより、
/dev下のtty1だとか、consoleだとか、hdaだとか、zeroだとか、
大事なデバイスファイルがランダムに消えるか、普通のファイルに
なってしまったりします。(MAKEDEVも消えることが多い)
これを追っていると、killall5がちゃんと動作していないことが
わかり、ちょっとやってみたところ、staticリンクではなくsharedリンクすると
正しく動作することが判明。でも、まだ時々/がunmountできない、
なんてことになって、結局sharedでfull build(FULL_SHARED=YESで)してみる
ことにしました。

VMwareでfull buildしようとすると、パワーの問題からとっても時間がかかる
ことが予想されたので、VMwareにインストールできるISOイメージをリアル
マシンでビルドする方針で行いました。

ネットワークがない環境でビルドしようとすると、perlのネットワーク
テストで引っかかってビルドがとまってしまうので、たとえば
export DOMAIN=luky.org
みたいにしておいてから行う必要がありました。

また、クロスコンパイラを作るときは、/usr/cross/powerpcの下をごっそり
削除(インストールしていれば)しておかないと(Makefileのif文さえごまかせれば
よいので、そのファイルを動かしてしまえばよいだけかもしれませんが)、
initial_buildしてくれないので、ビルドが止まります。インストールして
いるんだから初期ビルドしなくてもいいんじゃないかと思うところですが、
インストールされるクロスコンパイラのinclude下に足らないものがあるので、
止まってしまうようです。たぶん、必要なシンボリックリンクがないだけの
ようなので、手でそれをやってもいいのかもしれませんが、未確認です。

あと、「PCMCIAなんて使わないから削っちゃえ」なんてやっちゃうと、
ramdiskbin.conf.inだとか、list.inだとか、comp.lstとか、Crunched Binary
のところを触ってあげないと、エラーを吐かれます。
USE_PCMCIAというコンパイルオプションがあるのですが、ここにはこれが
効かないようでした。

そんなこんなでVMware上で動くISOイメージができて、ちょっと動かした感じでは
特に問題は出ていないところまで行けています。
ただ、根本的にstaticリンクでなんで問題があったのかは調べていないので、
不安(不信?)は残っていますけど。

岡本剛和

投稿者 xml-rpc : 2003年4月24日 12:47
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/8212
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。