2003年4月24日

[obu:02212] OBS266 起動切替え手順のまとめ

S266モニターの高木です。

OBS266の起動切替え手順をまとめておきました。情報を
頂いた神戸の澤さんありがとうございました。

○OpenBlockS266 起動切替え手順
a)--->フラッシュロムやHDD等で起動できる場合の手順
b)--->CFもしくはHDDから起動できなくなった時の手順

1.システム設定はそのままで、起動をフラッシュロムに切替える。

a) # /usr/sbin/flashcfg -c initrd
# /sbin/shutdown -r now
b) INITボタンを押しながら電源ケーブルを接続し、すぐINITボタンを放す。
# /usr/sbin/flashcfg -c initrd
# /sbin/shutdown -r now

2.システム設定を工場出荷状態に戻し、起動をフラッシュロムに切替える。
a) # /usr/sbin/flashcfg ーs /dev/null
# /usr/sbin/flashcfg -c initrd
# /sbin/shutdown -r now
b) INITボタンを押しながら電源ケーブルを接続し、ステータスインジケータ
が往復運動を始めるまで押し続ける。
# /usr/sbin/flashcfg -c initrd
# /sbin/shutdown -r now
※マニュアルからするとこれで良いはずだが、実際にやってみるとシステム
設定は工場出荷状態に戻らずうまくいかない。

3.起動をCFカードもしくはHDDに切替える。
a) # /usr/sbin/flashcfg -c harddisk
# /sbin/shutdown -r now

--
Takaki Hiroshi in Tokyo Japan (takaki@xxxxx)


投稿者 xml-rpc : 2003年4月24日 03:43
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/8207
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。