2003年4月22日

[obu:02207] Re: OBS Inspection

S266モニターの高木です。

Kazutaka Zak Sawa wrote:

>Linux LinuxServer 2.4.20 #3 Tue Apr 1 23:35:36 2003 ppc ppc405 SSD/
>Linux 0.2-20030401
>
>と出ました。同じものですね。
>
ありがとうございます。確認できて助かりました。


>あと、この操作は一時的に工場出荷状態で起動するだけで、それまでに設定し
>た内容は残っているみたいです。ですから、そのまま再起動するとまた設定し
>た値で起動しますし、HDD起動に設定していればHDDから起動しますね。
>
>
なるほど、それは気付きませんでした。貴重な情報ありがとうございます。
つまり、

1.INITボタンを押して電源ケーブル接続、INITボタンをすぐ放す。

この場合は、一時的にシステム設定を工場出荷状態にして起動、

2.INITボタンを押して電源ケーブル接続、INITボタンを起動終了まで押し続ける。

この場合は、恒久的にシステム設定を工場出荷状態にして起動するわけですね。

と、思いきや、、、実際にやってみると1番の場合も2番の場合も振る舞いは
同じで、一時的に工場出荷状態になり、再起動すると元の状態に戻るという
ものでした。

これでいいのかな?マニュアルからすると違うような気もしますが、
1番の機能さえあれば、実際には困らないので、よしとしましょう。

いずれにしろ、この機能は便利ですね。

・工場出荷状態のフラッシュロム起動
・設定を変更したフラッシュロム起動
・CFもしくはHDD起動

の3種類を自在に切替えられます。S50は起動の切替えの為にわざわざケースを
開けなければなりません。それも、ディップスイッチがやたら小さくて、さわり
にくい所に。。。

日増しにS266が欲しくなる今日この頃。

--
Takaki Hiroshi in Tokyo Japan (takaki@xxxxx)


投稿者 xml-rpc : 2003年4月22日 23:04
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/8202
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。