2003年4月20日

[obu:02186] OBS266のHDDブートがうまくいかない (was:Re: Re: はじめまして)

こんにちは、神戸の澤です。

Okaya osamuさんが03.4.19 22:54に書きました:
> あらあら、某所ではお世話になりました。
> こちらではお仲間です。仲良くやりましょう(笑

過去ログめくるとなんか見覚えのあるお名前が何人か.....(^_^;)。


> 下手にGUIで何でも出来るUNIX系(赤帽などのディストリビューショ

>ン)よりも、PCからターミナルでガシガシ設定する方が勉強になり
>ました。

今の仕事にその手の話が増えてきているのもあって、ここらで一発お勉強とい
うか、「身体慣らし」をやっておかないとなぁと思いまして、ゲシゲシにター
ミナルからイジるネタを選択した次第です。もしかしたらハードウエアで遊べ
るかもしれませんし。


> 7セグLEDの往復運動にならず、telnetもwebもダメなんですよね?

全部ダメですね。あ...ワタシのはOBS266ですので7セグはないっす。すみま
せん。


> fdisk、フォーマット、マウント(fstab)は問題ないですか?
> HDD の不良はないでしょうか? MacやPCで問題なく使用できます
>か?
> HDDイメージの展開に失敗とか(まさかCFイメージと間違えてる)?

HDD自体はついこの間までワタシのiBookに入っていたものなので、まず問題は
ないと認識しています。プライベートなデータを消すためにダミーデータで埋
め尽くしたりもしましたし。

/sbin/fdiskで一旦oしてからnでプライマリなパーティションを二つ切りまし
た。一つ目は63シリンダから始まって終わり540シリンダを残したもの。もう
一つはその540シリンダです。んで、二つ目(hda2)のIDを0x82に切り替えて
swapとしました。

次に「/sbin/mke2fs /dev/hda1」を実行して初期化、あと「/sbin/mkswap /
dev/hda2」と「swapon -a」をマニュアル通りに実行して初期化は完了として
います。

次に、「/sbin/mount /dev/hda1 /mnt」を実行してマウント後、「chmod 777
/mnt」を行ってから、ホストからftpで必要な6つのファイルを転送していま
す。

#どうもこれまでとは違い、OBS266ではtgzなファイルが6つ
#ありますね。

これらのファイルを「tar xzpf ファイル名」で全て解凍し、/mnt/devにある
MAKEDEVを「MAKEDEV generic」で実行します。

ここでちょっと疑問があるのは、この実行に大量のエラーが出る事です。しか
し、中身を見ると割と汎用のスクリプトのようでしたので、そういうものなの
かなと判断しました。

次にマニュアルに従ってfstabファイルを/etc/から/mnt/etcにコピーし、中身

/dev/hda1 / ext2 defaults 1 1
/dev/hda2 swap swap defaults 0 0
none /proc proc defaults 0 0

と書き換えて保存します。これもマニュアル通りですね。

んで、最後に「/sbin/umount /dev/hda1」を実行してHDDをアンマウントし、
「/usr/sbin/flashcfg -c harddisk」を実行してブート元を変更して完了とし
ました。あとは「/sbin/reboot」ですね。


うーん、まだまだ「マニュアル通り」なトコが多いので、一つ一つ意味を確認
していかないとダメダメですね>ワタシ。


> 設定ファイルぶっ壊しても、これで復旧できるので怖い者無しで
>す(^_^;;

そう、ソコがコレを買った理由の一つでもあります。何回ブチ壊すかわからな
いので....(^_^;)。そのうち、公開サーバー用とは別に実験用を買う事になる
かもしれません。


>// ちなみにこのメールは、OBSSでUUCP over TCPで行って
>// います。

をー、それはそれは。


--

## from Kazutaka 'Zak' Sawa (ZakLab) ##
## e-Mail: mailto:zak.k.sawa@xxxxx ##
## http://homepage1.nifty.com/~zaklab/ ##
## ##
## すべてのメールはバカ者によって盗聴されている可能性があります ##

投稿者 xml-rpc : 2003年4月20日 00:17
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/8181
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。