2003年4月13日

[obu:02180] Re: OBS Inspection

管理人さん、MLの皆様初めまして。高木と申します。
OBS266のモニターになりましたのでMLに参加させていただきます。
今までは初代OpenBlockS50を使用していました。主にS50との比較
で書きますのでS200のユーザさんから見ると目新しくない点を
書いてしまうかもしれませんがご了承ください。

Hisaaki Shibata wrote:
> 最初に本体を見て思ったのが、「へぇー、結構きれいな感じでかっこいいなぁ」
> と言うところでした。

> 次にAC/DCアダプタですが、今までより軽く小さくなっています。
> これなら別途小さなアダプタを購入しなくても良いかなと言う感じ。
> #ケーブルが長すぎるきらいがないではないけど(^^;

この辺りは、私も同じ感想です。金属に光沢のある塗装がしてあり、
とてもきれいです。持つ喜びを感じさせる仕上がりになってますね。
本体とACアダプタが小さくてかっこいい仕上がりになっているので、
電源ケーブルの束がやたらでかく感じます。実際、S50の物よりは、
ちょっと太目のような気がします。

> リアのDC IN,Ether-0,1,RS-232Cの各コネクタとリセット(INIT)スイッチは
> 今までとほぼ同じ。

Etherは、ランプが二つづつついたのが丸です。ランプの意味は
緑の方がリンクで、オレンジの方が100Mを表していて、そして恐らく、
故障するとどっちかが点滅するのではないかと思うのですが、
マニュアルには特に記述はありませんでした。
後、INITスイッチが大きくなったのもうれしいです。今までは、
リセットする時に先の細いものを探していたのですが、このサイズ
なら、芯を出してないボールペンの先でも押せます。

> Linux LinuxServer 2.4.20-rc2_axe #35 Wed Mar 19 16:43:31 JST 2003 ppc ppc405 SSD/Linux 0.2-20030319
> ということで、まだ出来立てほやほやですね。

私の所も同じバージョンでした。S50の時は、「え、このコマンド
もないの?」という状態でしたが、容量の増えた分、フラッシュロム
に入っているバイナリもだいぶ増えているのがうれしいです。
vi、more、df、suなど。後、コマンドという感じではないですが、
cronやpppoeなど。

S50の時は、HDDを増設しないと、設定変更が多いような用途に使う
のはちょっと厳しいかなという感じでしたが、これなら、フラッ
シュロム起動の状態でも、そこそこ使えそうです。特に、viはうれ
しいですね。確か、S50のフラッシュロムだけの状態だと、エディタ
は入ってなかったですよね(ちょっとうろ覚え)。ファイルの編集
をするのに、手元のPCへFTPでget、編集してからFTPでputという
作業をしていましたが、あれでOpenBlockSが嫌いになりそうでした。

ただ、viは/var/tmpのパーミッションのせいで一般ユーザが起動
しようとするとエラーになるなど、他にもちょこちょこと不具合
はありました。サンプル機という事なので、まだしかたないです
かね。

後、S50と変わった点として、フラッシュロムから起動するか
HDDから起動するかをディップスイッチではなく、コマンドで
切り替えられるようになってますが、これは一見とてもよい
ような気がするのですが、HDD起動に切り替えた後にHDDの中身
が壊れて起動できなくなったら、どうやってフラッシュロム
起動に戻すのか。。。ちょっと疑問です。

増設HDDも買ってきてあるので、いずれその辺もリポートしたい
と思います。

--
Takaki Hiroshi in Tokyo Japan (takaki@xxxxx)

投稿者 xml-rpc : 2003年4月13日 16:22
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/8175
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。