2003年1月19日

[obu:02113] VoIP(SIP)導入

Response To "Yanagiwara, Tadaaki" <QWK10362@xxxxx>
柳原です。SIPモジュール入れました。

 ニフティのIP電話試験サービスを申し込んでTA(Telephney Adaptor)が
来たんで繋いでみました。

+-----+
電話---|TA |-----------------スプリッタ--壁電話ジャック
| | +---+ +---+ |
| WAN|---|HUB|---|OBS|---ADSLモデム

| LAN|x +---+ +---+
+-----+
注)WANはクロス。最初の設定をLAN側から行う必要があります。

 このTA(富士通iA211S)はPPPoEクライアントでNAPT/NATも持ってます。
当然プロバイダ側の試験構成では既存のルータを外してPPPoEをこいつに
やらせるって構成でしたが、OBSでやってるウチとしてはそんなこと
許せません(w

 最初、そのままやると片通話。こっちの声が向こうに届くのに向こうの声が
聞こえない。SIPをトンネルする必要があるようです。最初期待していた
h323モジュールはSIPの面倒はみてくれないみたい。

SIP Proxyを入れるかNATモジュールを入れるかの二択でしたが
結局モジュールを入れました。
http://www.iptel.org/info/products/index.php?category=firewall&name=Firewalls&siponly=1
のLinux SIP ALGからip_masq_sipのソースを頂いてきます。
Makefileのasm-i386をasmに変えて make、/lib/modulesにコピーしてinsmod。

これで無事通話できるようになりました。
実は、試験サービス中のため一般電話からの着信ができないし他にIP電話入れて
る人も知人にいないんで着信できるか未確認なんですが、とりあえず
SIPサーバからのパケットを全部フォワードするように設定。
ipchains -I input -i ppp+ -s VoIPサーバ -j ACCEPT -m 3
ipmasqadm mfw -A -m 3 -r TA

 とりあえずこんな感じです。なお今回導入しませんでしたが、
SIP Proxyでは
http://sourceforge.net/projects/siproxd/
が一般的なようです。

------------------------------
柳原 忠明 / QWK10362@xxxxx
「最後は力技」

投稿者 xml-rpc : 2003年1月19日 13:15
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/8111
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。