2002年11月20日

[obu:02050] Re: シリアルからのデータ通信

高見沢です。

島田さん、無事動作されたようで何よりです。

私が行った機器との通信も、機器のシリアルポートが
DIN 8pin(MacのMiniDINではないです)なんていう
今時なんともなあ、な端子だったので、ケーブルは自作しました。

こういうケーブルを量産するときは、ここの店がいいよとか
知っている方いらっしゃいますか??

何本も自作するのはちょっと辛い。

元々機器で使用しているケーブルは
RTS/CTS、DTR/DSRがそれぞれ短絡されていたので、
(つまりRTS/CTSフロー制御無し、相手の生存確認せずデータ垂れ流し)
結局RxD、TxD、GND(SG)のみの配線でしたが。

>本当は、OBSから出ているRS-232C用のUTPストレートケーブルで
>帳尻あわせをしたかったのですが、配列が分らなかったために、
>あきらめました。
OBSS付属のCD-ROMに入っているマニュアルにRJ-45のpinoutが
記述されています。

1 青 SG Signal Ground
2 橙 CTS Clear To Send
3 黒 DCD Data Carrier Detect
4 赤 RxD Received Data
5 緑 TxD Transmitted Data
6 黄 RTS Request To Send
7 茶 DTR Data Terminal Ready
8 灰 DSR Data Set Ready

です。

今回でOBS(S)で他機器とのシリアル通信をしている方が
大勢いらっしゃっるのが分かって嬉しい限りです。
私も何か疑問があった場合はご教授いただければ幸いです。
今後とも宜しくお願いします。

投稿者 xml-rpc : 2002年11月20日 10:20
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/8049
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。