2002年11月20日

[obu:02049] Re: シリアルからのデータ通信

島田です。

皆さん、本当にアドバイス、感謝です。
特に、藤井様には、大変、お世話になりました。
ありがとうございました。

結局、私の初歩的なミスであることが分りました。

PCで確認する際は、
GPS ⇔ RS-232C ⇔ PC


で、行っていました。しかし、実際、OBSSで入力する際は、コネクタが、専用の
ものでしたので、中継させて行っていました。
GPS ⇔ RS-232C ⇔ 中継器 ⇔ RS-232C ⇔OBS

ですから、RS-232Cのどちらもがクロスケーブルだったために、オープンが出来
ても、データが吸い出せないという現象を起こしていました。

まったく、お恥ずかしいお話です。

お恥ずかしいついでに、一応、今回の解決策としては、以下の通り行いました。

どちらかのデータ線を、ストレートにしなければならなかったために、強引に、
OBS付属の「RS232C RJ-45 Dsub-9ピン変換アダプタ」のふたを開け、データ線で
ある2番、3番ピンを、クロスさせて結線させました(緑線と赤線)。本当は、
OBSから出ているRS-232C用のUTPストレートケーブルで帳尻あわせをしたかった
のですが、配列が分らなかったために、あきらめました。ちなみに、GPSからは、
2本の送信、受信信号の線が1本ずつ出ていただけで、確認方法は、テスターで
の導通試験で行いました。ちなみに、グランドは、5番ピンです。

そうしたら、見事、今までのプログラムもさくさく動き、プログラムの問題では
なかったことが分りました。

ご教授いただいた方には、大変、申し訳ありませんでしたが、この解決報告と共
に、お詫びしたいと思います。

今後とも、よろしく申し上げます。

投稿者 xml-rpc : 2002年11月20日 06:07
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/8048
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。