2002年11月18日

[obu:02039] Re: 再構築後のカーネル・イメージは何処に?

Nishidaさん、こんにちは。小沢@札幌です。

> 小沢さんの「LILO for OpenBlockSS」を導入しているので(問題なく動いていると
> 思われます)、下記のobssの「/etc/lilo.conf」のxxxxxの部分にあてずっぽう
> で、
> カーネル・イメージらしきもの(「/usr/src/linux/vmlinux」とか
> 「/usr/src/linux/arch
> /ppc/boot/images」ディレクトリーの「zImage.pmac」「vmlinux.gz」
> 「vmlinux.coff」
> とかを入れてみたのですが、いずれもNGでした。


zImage.pmacやvmlinux.coffが出来てるのはおかしいですね。
.configに CONFIG_IBM_OPENBIOS=y があるかどうか確認してみてください。
これ昔はCONFIG_TREEBOOTだったのが途中で名前が変わったので、
make oldconfigでうまく引き継げなかったのかもしれません。
もしCONFIG_IBM_OPENBIOSが無いのでしたら、make menuconfigで
再設定してみるとよいかもしれません。その場合はlibncurses5-devパッケージ
が必要です。(昔これではまったことがあるので、一応書いておきます。)

> また、カーネル2.4.19-pre4で起動した状態で「tar xzvf
> pcmcia-cs-3.1.33.tar.gz」
> 「make config」「make all」「make install」を行なうと、「modulesのミスマッ
> チ」
> あるいは、「unresolved modules」といったエラー・メッセージで、カード・マネ
> ジャー
> が上手く動きません。

/usr/include/linux/の下のヘッダー・ファイルはDebian配布のものなので、
稼働しているカーネルとバージョンが合っていないのでしょう。
makeするときのccの-Iに、稼働しているカーネルのソースのinclude/を
追加すればよいのではないでしょうか。

--
小沢

投稿者 xml-rpc : 2002年11月18日 15:45
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/8038
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。