2002年11月15日

[obu:02032] Re: シリアルからのデータ通信

島田です。

小沢さん、早速、アドバイスをありがとうございました。

> x86と異なり、IBM PowerPC 405GPでは、UART 0 = IRQ 0、UART 1 = IRQ 1 と
> 割り当てられています。
なるほど。
調べたのは、Intel系のアーキテクチャーでしか確認していなかったので、分り
ませんでした。一つ勉強になりました。

> mingettyをコメントアウトする前には、普通にシリアルをコンソールとして
> 使用できていたのですよね? それが動いていたのなら、シリアル・ドライバーは
> 適当に動いていると思うのですけど...。
> スピードが合ってなくて取りこぼしてるとか。そんなわけないですよね。
ボーレートは、4800で取ることができる装置ですので、プログラム中で48
00に設定しております。

Cのプログラム中
***************
t.c_cflag = B4800 | CS8 | CLOCAL | CREAD ;
***************

ひょっとすると、先ほど、コンソールとしてシリアルをつなげたときに、ボーレー
ト9800で接続をしていましたので、9800でしか接続ができないのでしょ
うか?

> デバイス・ファイルが変だということはないでしょうか。ないですよね。
こちらも、小沢さんと同じ属性で設定しております。

よろしくお願いします。

投稿者 xml-rpc : 2002年11月15日 01:06
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/8031
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。