2002年1月28日

[obu:01297] Re: (OBSS)CF でセルフ開発環境を構築することは ?

三廻部です。
返信ありがとうございます。

容量の問題だ、ということがわかって、まずは一安心です。

柴田さん:
>> SanDiskの1GB-CFも、もうすぐ出るようです。
>> 高そうだけど、これが使えれば容量はそんなに問題ないかな?
>> > http://www.sandisk.co.jp/pr/011105_cf1G.htm
>

>頻繁に読み書きする使い方だと苦しい部分もあるでしょうね>CF
開発環境以外は、大して読み書きはしない使い方の予定です。
家庭内ネットワーク内のDNS, DHCP, Webと、
一時的にファイルを置くくらいはあるかな、と言ったところです。
X Window Systemのライブラリをおいて、周りのUNIX機をX端末にして...、
なんて出来たら面白そうですが。(実用にはならなそう...)

問題はその開発環境ですが。
PlatHomeさんがクロス開発環境も配布していることだし、
それでいいかな、と思い始めました。
# 周りのPCにはWindowsとFreeBSDしか入っていませんが、
# RedHat 6.2用、というのがLinux Emulationで動くことを期待して。

池田さん:
>ROM起動で、CFを/usr/localにマウントし、追加モジュールを全てそこに入れ

>ようにしました。ROMに入っているモジュールをCFにいれずにすむので
>幾分か楽です。
なるほど。
ROMからのブートで入っているDHCP, PPPoE, Apacheあたりは
CF外における、ということですか。
参考になります。

さかいさん:
> ルートFSは256MBのCFで、約一万円で売られていた、バルク
>(Mr.Flashとか書いてありましたが)を使っています。
おお、とりあえず192以上でも使えるものがある、と
わかっただけで収穫です! ありがとうございます。


とりあえず、CFを買って何とかしてみようかな、
というところに落ち着きそうです。
HDが入ると、本体の扱いも多少面倒になりますし。

どうもありがとうございました。
---
Dai MIKURUBE as DMS
dms@xxxxx

投稿者 xml-rpc : 2002年1月28日 01:36
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/7300
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。