2002年1月26日

[obu:01291] Re: (OBSS)CF でセルフ開発環境を構築することは ?

池田です。

On Sat, 26 Jan 2002 18:37:34 +0900
Dai MIKURUBE <dms@xxxxx> wrote:
> 出来れば音の静かなCFにしたいのですが、(流体軸受HDもありますけど...)
> Plat Homeのページを見る限り、HDより制限がきつそうです。
>
> この制限は、単純に容量によるものなのでしょうか?
> それとも、CFとHDでは全く別物で、
> 根本的にCFでは動かないプログラムが存在するのでしょうか?

> # CFでも、容量さえあれば
> # 何とかコンパイルするなりバイナリを持ってくるなりすれば動くのか、
> # それとも全く動かないのか、ということです。
>

基本的に容量の問題だと思います(しかもかなり深刻な)。

以前、僕もCFのみでやってました。
ただしOpenBlockSだったのでSSとは微妙に異なると思いますが、
何かの参考になればと思うので、そのときの僕のやり方などを書かせて
いただきます。

ROM起動で、CFを/usr/localにマウントし、追加モジュールを全てそこに入れる
ようにしました。ROMに入っているモジュールをCFにいれずにすむので
幾分か楽です。
基本的にバイナリのconfigure時に--prefix=/usr/localをつけるようにすれば
全てCFにインストールされるようになります。

ただし、基本的なコマンド(cmpやless)など、通常は/usr/localに入って
いないようなものもそこに入ったり、/usr/local/libを見に行かなかったり
するので問題が発生します。その際はソースファイルをいじるなどで適宜
解決します。
また、追加の設定ファイルは、/etcではなく/usr/local/etcに入れます。これも
結構面倒くさいです。/rc.d/rc.sysinitに、起動時に/usr/local/etcの中身に
/etcからシンボリックリンクを張りまくる、などして逃げました。

OBSSは/sysもないしcmpも標準で入っているので、OBSよりかは楽だと思います。

> > http://openlab.plathome.co.jp/OpenBlockSS/pkgs.html
> を見る限り、SambaとgccがCFRootでは動かない、となってますが...。
> やはりgccは動かしたいです。
>

gccは場所をとるので、CFに入れるのは困難です。少しでも場所を節約
したいので、開発環境はCFの外に持つのが望ましいです。

一番よいと思われるのは、クロスコンパイル環境を作成することです。
そちらでコンパイルを行い、バイナリを持ってきてインストールとすれば
CFの容量負担は最小限にすみます。SS用のクロスコンパイル環境は
ぷらっとホームさんで配布されているので、比較的楽に構築できると
思います。やったことないので知りませんが。

僕は、別のマシンにHDイメージを展開して、開発時のみそれをNFSでマウント
するということを行っていました。
ただし、スワップメモリはNFS経由で使えないのでそれだけはCFにとる必要が
あります。

>
> また、PlatHomeでは、192MBまでのCFしか扱っていませんが、
> それ以上の容量のCFもOpenBlockSSで使えるのでしょうか?
>
> SanDiskの1GB-CFも、もうすぐ出るようです。
> 高そうだけど、これが使えれば容量はそんなに問題ないかな?
> > http://www.sandisk.co.jp/pr/011105_cf1G.htm
>
> ---
> Dai MIKURUBE as DMS
> dms@xxxxx

-----------------------------
Sincerely Yours,
Ikeda Yasuyuki
<yasuke@xxxxx>

投稿者 xml-rpc : 2002年1月26日 19:32
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/7294
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。