2001年11月26日

[obu:01062] Re: ramdisk image

小松です.

From: MURASE Katsunori <katsunori.murase@xxxxx>
Subject: [obu:01061] Re: ramdisk image
Date: Mon, 26 Nov 2001 13:00:03 +0900

> いやー、楽しそうなお仕事ですねえ。

最終的に仕上げるシステムの事を考えると気が重いんですが...

> > 1. Linux って mkfs(mke2fs) を行わなくても loopback fs だと
> > mount 出来るのか?
> だめじゃないかな。
感覚的にはだめな気がするんですが...
Bootdisk-HOWTO-4 の中に
dd if=/dev/zero of=/tmp/fsfile bs=1k count=nnn
とやって, すぐに
mount -o loop -t ext2 /tmp/fsfile /mnt
とあるんですよね.

> > 2. Bootdisk-HOWTO-4.html の中で mke2fs を使用している個所で
> > 指定している DEVICE とは何を示すのか?
> > loopback fs で作ったマウントポイントを指定すればいいのか?

> 普通は /dev/hda1 などです。この場合はloopback fs にする
> ファイルそのもの、ファイル名です、と HowTo に書いてありますね。
> HowTo に従うと /tmp/fsfile になるんじゃないかな。

て, ゆうことは, mke2fs は引数にファイルを与えてもいいって事ですか?

> > 3. loopback fs 自体は disklabel を持つのか?
> > その場合, パーティションはどのように着られているのか?
> よく分かりませんが、loopback fs というか1つのファイルが
> 1つのパーティションと言う感じになるのではないかとおもいます。
> # BSD方面だとスライスとか言うんでしたっけ。

もしかしてスライスとパーティションの関係が Linux と *BSD 違っ
てますか?
BSD 方面だと DOS の fdisk パーティションをスライスといい, ディ
スクラベルでこのスライスをさらに分割してパーティションと言っ
てるんですけど...

> > 4. OBS で設定さている RAM ディスク容量の根拠は?
> 根拠ナシと思います。敢えて言えば、自分が必要なディスク容量
> ですよね。

カーネル/主記憶と RAM ディスクのせめぎあいの結果この値に落ち
着いたって感じですかねぇ...
とすると, 実機に移植するときに結構頭のいたい思いしそうですけ
ど...

> > 全部わかると, Linux BOX 用意せずに開発環境が構築できたりする
> > んで, とってもうれしいんですけど...
> ぜひまとめて公開して下さい。

基本的には, FreeBSD のメモリーディスク(Linux の loopback 見
たいな感じですけどちょっとちがう)を FreeBSD ネイティブでコン
パイルした mke2fs でファイルシステムつくって, そのイメージを
使うっていう戦略が使えそうなんですが...

> # OBS で NetBSD を動かした人もいたような。

最初は NetBSD を主張したんですけど, 最終的にインストールする
ソフトが Linux のデバイスドライバーを含むって事だったんで,
Linux になってしまいました.

コンパイル環境は, プラットホームから拾ってきたクロス開発環境
が Linux エミュレーションで元気に動いています.

投稿者 xml-rpc : 2001年11月26日 13:44
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/7066
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。