2007年6月25日

[Namazu-users-ja 983] Re: samba上のインデックス作成時の権限エラー

柳田です。

ご回答、どうもありがとうございました。

> 添付ファイルの漢字コードが Shift_JIS なのは何故でしょうか?

すみません、TeraTerm上の実行結果をそのままコピー&ペーストしたためです。

> > 該当のファイルになると作成が停止され、NMZ.errファイルのみ残して
> > インデックスファイルが削除されています。
> -r は通過するけど実際に open するときに、 permission denied
> が起きてしまうということは、異常事態です。
> 異常事態が起こった場合には、インデックスを残しません。(そのイン
> デックスに問題が含まれる可能性があるためです。)

なるほど、よくわかりました。

> > mknmz は root で実行しておりました。
> root 以外で実行すると大丈夫ということはありませんか?

一般ユーザーでも試してみましたが、結果は同じでした。
--debugの結果も変わりません。

> ということで pl/util.pl の canopen を次のように修正すると良いで
> しょう。
> つまり、次の行をコメントアウトします。
> return (-r $file) if ($English::OSNAME ne "MSWin32");
> これで、-r ではなく、実際にファイルを open して確認するようになり

上記のように変更したところ、うまくいきました。


> また、smbmount したディスクのファイルに対するインデックスの作成
> に関しては特にサポートしていません。

とのことですが、上記の方法でとりあえず運用してみます。

皆様、大変参考になりました。
どうもありがとうございました。

#とりあえず、最新版のNamazuをインストールして、上記で運用することにします。
_______________________________________________
Namazu-users-ja mailing list
Namazu-users-ja@xxxxx
http://www.namazu.org/cgi-bin/mailman/listinfo/namazu-users-ja

投稿者 xml-rpc : 2007年6月25日 19:28
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/60688
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。