2009年9月18日

[Namazu-users-ja 1178] Re:xlhtml実行時のセグメンテーション違反について

寺西様

酒井です。

ご返答くださり、ありがとうございます。

2009年9月18日1:39 Tadamasa Teranishi <yw3t-trns@xxxxx>:
> 寺西です。

> 状況からすると、インデックスの作成は(そのファイルは除いて)特に
> 問題なくできているようなので、検索もできているのではないかと思い
> ます。
> その上で、どのような対策を希望されているのでしょう。
(略)
> 2. xlhtml でセグメンテーション違反で落ちないようにしたい
> 1 ならば --exclude オプションが使えるでしょう。
> 2 ならば、開発元に相談するのが良いでしょう。

はい。現在該当ファイル以外のインデックスの作成、検索はできております。
そのため、一時的に1で状態をしのぎつつ、
最終的な目標は後者の2のほうを目指しております。

説明が不足しており、申しわけありませんでした。
xlhtml開発者の方もしくは同じversionをご利用の方をお探しし、
ご相談してみます。

> メンテナンスしていませんが、namazu/contrib/spreadexcel.pl
(略)
> また、別の問題が出るかもしれません。
> # 何せメンテナンスしていないものですので。

ありがとうございます。
xlhtmlのバージョンを下げるべきか、
代替のものを導入するか、決めかねております。
spreadexcel.plについて、検証環境を用意して、適用を試みてみます。
現時点でご報告できず申しわけありません。

また、少々お伺いしたいのですが、
ある程度安定稼動を求められるサーバであるならば、
旧versionのNAMAZUやxlhtmlでは
無限ループやセグメンテーション違反の症状が出ていない場合は、
旧versionのもので運用を試みることが一般的でしょうか?

とはいえ、旧versionを使えば今回の症状には遭遇しないという保証は、
恐らくないのではと思ってはおります…。

>> ●mknmz -Cの結果
(略)
>> File-MMagic: 1.27
>> NKF: module_nkf
>> KAKASI: /usr/local/bin/kakasi -ieuc -oeuc -w
> 本件と関係ありませんが、Perl モジュールを使った方が処理が速いので
> 良いでしょう。

ご教授くださりありがとうございます。
インデックス生成の処理の遅さが非常に気になっていました。
Perlモジュールをインストールしたつもりではいたのですが、
インストールしただけで、利用されていると思い込んでおりました。

> ja_JP.UTF-8 はサポートしていません。
> 環境変数を EUC-JP 系のものに変更して Namazu をご使用ください。
ご指摘ありがとうございます。
NAMAZUのインデックス生成に利用するスクリプト内に、
LANG=EUC-JPを記述し、NAMAZUのインデックスやログ関係に関しては
EUC-JPで統一されるように対応を試みております。

質問に質問を重ね、
また自分の行っている作業の把握がきちんとできておらず、
ご推察いただく点ばかりで申しわけありません。

お手数ながら、お気づきの点、
また内容解釈に齟齬がございましたら、ご指摘頂けますと幸いです。
よろしくお願い致します。


--
----------------------------------
酒井美那<ouji24@xxxxx>
_______________________________________________
Namazu-users-ja mailing list
Namazu-users-ja@xxxxx
http://www.namazu.org/cgi-bin/mailman/listinfo/namazu-users-ja


投稿者 xml-rpc : 2009年9月18日 10:44
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/88696
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。