2008年7月28日

[Namazu-devel-ja 1757] Re:filter/{msword, excel, powerpoint}.pl を pl/extutf8.pl を使用するように変更

寺西です。

Yukio USUDA wrote:
>
> > ゴミを出力することは「致命的なバグ」とは思っていませんが、「バ
> > グ」だ
> > とは思っています。(ついでに、簡単な修正だけで直るなら手
> > を加えても良い

> > かなとは思っています。)
>
> 簡単な修正とのことですが、
> お気づきの通り UTF-8 化をする際には無駄になるルーチンで
> 間違ってまぜると害になる可能性があります。

だから基本的には extutf8.pl に集約しているのですけど...。
extutf8.pl は HEAD には入れないので、間違って混ざらないようになって
います。
# フィルタに点在する方が危険だから。

codeconv::tousascii については codeconv.pl に入れたので、その
危険性がないわけではありませんけど、もちろん HEAD には追加して
いません。

> ということからここに力をかけているのをみると脱力します。

ゴミ削除か、あるいは extutp8.pl 化のどちらを指しているのかわかりま
せんが、前者ならほとんど時間はかけていません。

# メールの返事にかけている時間の方がはるかに長い。

後者については、extzip.pl を元に作っているので、そんなに時間は
かかっていませんが、フィルタの整理はどのみちしないといけないので
まぁいいかなと思います。

ぴったり一致するわけではもちろんありませんが、etxutf8.pl 導入により
該当フィルタの HEAD と development-2-1 との差がちじまっています。
これで、メンテナンスが少しは楽になると考えていますし、必要な作業で
あると考えています。

> 大半のディストリビューションのターミナルの標準設定が
> UTF-8 になってしまったのですが、
> このままもうしばらく STABLE の修正で続けて行くのでしょうか。

HEAD は実用レベルではないので、ついつい stable-2-0 に修正を行って
使ってしまい、これが悪循環となっていますが、
stable-2-0 は(建前上)主にバグ修正です。プログラムの整理と、性能向上
を行うことはありますが、development-2-1 から下ろしてくるものが中心
です。これも stable-2-0 の強化というよりは、ソースがばらばらだと
管理しずらいからという程度の意味しかありません。

development-2-1 にはあといくつか機能を追加するつもりです。
それが追加できたら、スナップショットという形でリリースしたいと
思っています。当面の目標はコレです。

HEAD は development-2-1 の機能を組み込んで、いろいろテストして実用
レベルに持っていくのは... とその先でしょう。

UNIX系 のターミナルの標準設定が UTF-8 になって HEAD の namazu には
都合が良いのですが、Windows の端末は UTF-8 ではないので困りものです。
# つうか、Windows の端末は ISO-8859-1 でもないのですが...。

当初は Windows の端末で UTF-8 がそのまま使えるのかと勘違いしていた
のであまり考えていなかったのですが、この辺りもまじめにどうするのか
考えないといけなくなってます。いろいろ選択肢はありますが...。
--
=====================================================================
寺西 忠勝(TADAMASA TERANISHI) yw3t-trns@xxxxx
http://www.asahi-net.or.jp/~yw3t-trns/index.htm
Key fingerprint = 474E 4D93 8E97 11F6 662D 8A42 17F5 52F4 10E7 D14E

_______________________________________________
Namazu-devel-ja mailing list
Namazu-devel-ja@xxxxx
http://www.namazu.org/cgi-bin/mailman/listinfo/namazu-devel-ja


投稿者 xml-rpc : 2008年7月28日 08:57
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/75729
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。