2007年5月 8日

[Namazu-devel-ja 1592] Re: --version-infoLTVERSION について

寺西です。

NOKUBI Takatsugu wrote:
>
> > libtoolの意図とはどのようなものなのでしょうか。
>
> あくまで私の解釈ですが、リニアに、なおかつ抽象度の高いレベルでsoname
> を管理するためのものだと思っています。寺西さんの運用だと、それらを放棄

> してしまうことになるのではないでしょうか。

野首さんがlibtoolが意図している使われかたではないので違和感を感じる
とおっしゃっていたのは

> 2.0.X では 0 <= C <= 99 とする。
> 2.1.X では 100 <= C <= 199 とする。
> 2.2.X では 200 <= C <= 299 とする。
> 2.3.X では 300 <= C <= 399 とする。

という使い方でしたよね。

しかし、libtoolの意図がリニアに、なおかつ抽象度の高いレベルでsoname
を管理するものであるならば、現状の開発環境だと既に放棄しているので、
どのみちlibtoolの意図には反しているのだろうと思います。

リニアでしか管理できないのはlibtoolの致命的欠陥だと思いますが、
それを無理やり使おうとしているので、どこかに無理が出るのは仕方ない
かなと思います。

> > これの場合の面倒な点としては、libnmz を使っているアプリケーション
> > (例えば Search-Namazu 等)では、安定版バージョン用のlibnmzとリンク
> > するようにしか Makefile 等が作成されていないので、いちいち書き換える
> > 必要があるということです。
>
> これは適切なnmz-configを呼び出すようにすれば良いのではないでしょうか。
> Text::ChaSenのMakefile.PLはそのようにしています。

リンクするライブラリ名を変更することは、Search-Namazu に限ったことで
はないので、個々で対応するのは面倒なんですが、それよりも、
nmz-config はシェルスクリプトなので、非UNIX環境では全然メリットが
なく、むしろ手間が増えるだけなんです。
なので、ベタ書きの方が有難い。

# perl で書き換えればマシかな??

また、libnmz は非UNIX環境でも使うので、個々の環境を全部書き換えるのが
面倒というのが一番の問題ですね。
そういう環境は nmz-config のような外部ツールで設定するようには
普通なっていませんし。
# インターフェイスがまるっきり違うならあきらめもつくのですけど。
--
=====================================================================
寺西 忠勝(TADAMASA TERANISHI) yw3t-trns@xxxxx
http://www.asahi-net.or.jp/~yw3t-trns/index.htm
Key fingerprint = 474E 4D93 8E97 11F6 662D 8A42 17F5 52F4 10E7 D14E

_______________________________________________
Namazu-devel-ja mailing list
Namazu-devel-ja@xxxxx
http://www.namazu.org/cgi-bin/mailman/listinfo/namazu-devel-ja

投稿者 xml-rpc : 2007年5月 8日 17:09
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/58269
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。