2007年5月 7日

[Namazu-devel-ja 1588] Re: --version-info LTVERSION について

そのあたりに詳しそうな人にちょっと聞いてみました。

結論からいえば、sonameをいじるよりもlibnmz自体の名前をlibnmz-2.1等に
するのが良いだろうとのことでした。

At Sat, 05 May 2007 10:24:31 +0900,
Tadamasa Teranishi wrote:
> これらは現在同じ "7:0:0" ですが、このため、development-2-1 を

> インストールすると stable-2-0 が正しく動かなくなる不具合があります。
>
> そこで、インターフェイス番号を次のように割り振るのはどうでしょうか?
>
> 2.0.X では 0 <= C <= 99 とする。
> 2.1.X では 100 <= C <= 199 とする。
> 2.2.X では 200 <= C <= 299 とする。
> 2.3.X では 300 <= C <= 399 とする。

libtoolが意図している使われかたではないので、私としては違和感を強く
感じます。

そもそも開発版と安定版の共存をする必要があるのかどうかを論じる必要も
あるかな、と最初は思ったのですが、開発者からみればそれ自体は必要ですね、
やっぱり。
--
野首 貴嗣
E-mail: knok@xxxxx
knok@xxxxx / knok@xxxxx
_______________________________________________
Namazu-devel-ja mailing list
Namazu-devel-ja@xxxxx
http://www.namazu.org/cgi-bin/mailman/listinfo/namazu-devel-ja

投稿者 xml-rpc : 2007年5月 7日 18:09
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/58223
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。