2007年4月28日

[Namazu-devel-ja 1582] po/ja_JP.SJIS.po の charset が SJIS な理由

寺西です。

po/ja_JP.SJIS.po の charset が SJIS となっていることに気づきました。

info gettext を見ると GNU `libc` や GNU `libicnv` でサポートしている
ものを指定することになっていますので、SJIS ではなくて SHIFT_JIS の
方が良さそうです。

以前より、make update-po を実行すると、

> /usr/local/bin/msgfmt: ja_JP.SJIS.po: 警告: 文字セット "SJIS" は
> 汎用のエンコーディグ名ではありません.

とワーニングが出ていたのが気になっていたのですが、これは charset に
Shift_JIS ではなく、SJIS を設定しているためでした。

make_sjis_po を修正して SHIFT_JIS を設定するように変更したところ、
先のワーニングは出なくなりました。

ただし、Shift_JIS の 0x5c を含む文字をエスケースして ja_JP.SJIS.po
は作られていませんでした。
現在 Namazu では gettext 0.13.1 以降を要求するため、0.10.37 より古い
バージョンで必要だった'\' によるエスケープは不要となっているので、
特に問題はないでしょう。

HACKING-ja の

> なお、GNU gettext 0.10.37 以降では Big5 や Shift_JIS な文字列を
> '\' でエスケープする必要はなくなりましたが、'\' でエスケープ
> された文字列を含むカタログを処理するためには、環境変数
> OLD_PO_FILE_INPUT および OLD_PO_FILE_OUTPUT を設定する必要が
> あります。具体的には
>
> % env OLD_PO_FILE_INPUT=yes OLD_PO_FILE_OUTPUT=yes make update-po
>
> などとしてください。

は、削除しようかと思います。

ところで、po/ja_JP.SJIS.po の charset は以前 Shift_JIS でした。
28 Aug 2002 12:12:38 -0000 1.119
に Shift_JIS から SJIS に変わったのですが、これには何か理由があった
のでしょうか?

make_sjis_po で変わったのは 1.3 の時です。
make_sjis_po 20 Nov 2001 08:52:07 -0000 1.3

# このタイムラグも何だろうと思うけど。
--
=====================================================================
寺西 忠勝(TADAMASA TERANISHI) yw3t-trns@xxxxx
http://www.asahi-net.or.jp/~yw3t-trns/index.htm
Key fingerprint = 474E 4D93 8E97 11F6 662D 8A42 17F5 52F4 10E7 D14E

_______________________________________________
Namazu-devel-ja mailing list
Namazu-devel-ja@xxxxx
http://www.namazu.org/cgi-bin/mailman/listinfo/namazu-devel-ja

投稿者 xml-rpc : 2007年4月28日 14:53
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/57992
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。