2007年4月14日

[Namazu-devel-ja 1560] Re: OLE-Storage の判定に File::MMagic::addContainerHook を利用

臼田です

On 2007/04/14, at 8:24, Tadamasa Teranishi wrote:

>
> 1点気にしているのは。
> 複合ドキュメント(Word に Excel を貼り付けて
> る)の場合は、どうなるのか

> きちんと確認していませんから、Tree 構造を解析して親ブ
> ロックから情報を
> 取り出すとかしないといけないのかもしれません。

olemtype.pl は OLE-Storage 内のファイル名から判定をしていた
のですね。
サンプルを何種か作って確かめて見る必要がありますね。


>
> File::MMagic を Namazu 以外で使われる方のために互換性に
> 関する救済策
> は必要ではないかなと思います。

FIle::MMagic の互換性を重視するのであれば
File::MMagic 側の magic データを修正せずに
removeMagicEntry() を File::MMagic に追加することにして
アプリケーション側で不要な magic データ除去と
application/x-ole-storage の追加をして利用するという
方法もあるでしょう。

removeSpecials, removeFileExts があるのに
removeMagicEntry はないのはなぜでしょうか?


>
> もちろん、2.2.X 系はOLE-Storage_Lite必須でも良いで
> しょう。

複数モードを用意すると複雑になるので、そうしたいところです。

臼田幸生

_______________________________________________
Namazu-devel-ja mailing list
Namazu-devel-ja@xxxxx
http://www.namazu.org/cgi-bin/mailman/listinfo/namazu-devel-ja

投稿者 xml-rpc : 2007年4月14日 09:17
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/56938
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。