2006年10月 7日

[Namazu-devel-ja 1272] Namazu 2.0.17RC1 公開 + 動作チェックに協力していただける方募集

寺西です。

Namazu 2.0.17 のリリースを予定しております。

それに先立ち、Namazu 2.0.17RC1 を公開いたします。
この Namazu 2.0.17RC1 のコンパイル + 動作チェックをしていただける方を
広く募集しておりますので、皆様ご参加のほどよろしくお願いします。

# namazu-devel-ja 向きの内容ですが、
# 2.0.17RC1 より namazu-user-ja にも CC: しておきます。

・アーカイブファイル
http://www.namazu.org/test/namazu-2.0.17RC1.tar.gz

・署名ファイル
http://www.namazu.org/test/namazu-2.0.17RC1.tar.gz.sig

・MD5sumファイル
http://www.namazu.org/test/namazu-2.0.17RC1.tar.gz.md5
(MD5sum: c16b11a297eb39a46c2bf319aed9cd99)

・sha1sumファイル
http://www.namazu.org/test/namazu-2.0.17RC1.tar.gz.sha1
(sha1sum: 50bcde832a6c7be84e2d41fa7fa95cb14c74ee4c)

配布アーカイブには PGP による電子署名を行なっています。
署名は寺西忠勝の個人の鍵
(Key fingerprint = 474E 4D93 8E97 11F6 662D 8A42 17F5 52F4 10E7 D14E)
にて行なわれています。
この鍵は以下の PGP 公開鍵サーバ他より検索/取得が可能です。

http://pgp.nic.ad.jp/pgp/
http://pgp.dtype.org/


<2.0.17pre1 からの変更点>
・Cygwin で、"I won't mmap that file, using a slower method" という
メッセージが出るため、wvWare の STDERR を捨て修正を加えました。
・ja-namazu-cgi で、namazu.cgi に引数を与えている部分を変更しました。
また、デバッグ用に tests/test-log に検索結果を書き込むように
変更しました。
・namazu, namazu-cgi でメモリを壊していた部分を修正
(Interix で namazu-9 が fail する問題の対策、おそらく
FreeBSD 5.2-CURRENT で namazu-9 が fail するのも直るものと
思います。)

<<< Known Problem >>>

なし

---------------------------------------------------------------------
<<< 動作チェックに協力していただける方募集 >>>

動作チェックに協力していただけるボランティアを募集いたします。
手伝っていただける方は名乗りを上げていただけると助かります。
(動作確認できる OS 等の環境もお知らせください。)
皆様、ふるってご参加ください。

募集期間:
随時

動作チェック期間:
4/5〜4/8 を予定(状況により、変更の可能性あり)

対象OS:
Linux, FreeBSD, OpenBSD, NetBSD, Solaris, Win32, MacOS X 他。

同じ OS でも複数の方が動作チェックに協力していただけると嬉しい
です。

資格:
- Namazu をソースからコンパイルできる環境を整えられる方。
- Namazu 2.0.16 のソースをコンパイルした経験のある方。
- Namazu のインストール、アンインストール経験のある方。

動作チェック方法(1):
namazu-2.0.17preX.tar.gz を展開後、コンパイル+インストールした上で、
make check を行ってください。
次にその結果を報告してください。

また、tests/test-log の最初の方に記録される mknmz -C の
出力結果も省略せずお知らせください。(テスト時に有効となって
いるフィルタを確認するため)

動作チェック方法(2):
1. pltests に移動し、perl alltests.pl を実行します。
画面にチェック結果が出力されます。また、test-log ファイルに
ログが出力されます。
2. OS, Perl のバージョンをお知らせください。
3. 画面に出力された結果をお知らせください。
4. test-log の中の最初の方に記録される mknmz -C の
出力結果も省略せずお知らせください。(テスト時に有効となって
いるフィルタを確認するため)


以上が最低限の動作確認と考えていますが、更に手元のデータで
検証していただけるのであれば、なお嬉しいです。
そちらで、何か不具合が確認されましたら、その内容を報告して
ください。

注意事項:
- Namazu 2.0.16 でも同じように生じる不具合に関しては、致命的な
ものでない限り、2.0.17 で修正することは見送ります。
(2.0.17 のリリースを優先します。)
次の 2.0.18 には反映したいと思いますので、報告は随時受け付けます。
- rpm などのパッケージは用意しておりません。ソースからコンパイル
して動作確認してください。
- Windows ネイティブ版のインストーラは用意しておりませんが、コンパ
イル済みバイナリは準備ができ次第公開する予定です。
- 大切な文書はバックアップを取った上でご使用ください。十分注意して
おりますが、開発中のもののため、対象文書を削除する危険がある
かもしれません。
--
=====================================================================
寺西 忠勝(TADAMASA TERANISHI) yw3t-trns@xxxxx
http://www.asahi-net.or.jp/~yw3t-trns/index.htm
Key fingerprint = 474E 4D93 8E97 11F6 662D 8A42 17F5 52F4 10E7 D14E
_______________________________________________
Namazu-devel-ja mailing list
Namazu-devel-ja@xxxxx
http://www.namazu.org/cgi-bin/mailman/listinfo/namazu-devel-ja

投稿者 xml-rpc : 2006年10月 7日 12:37
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/47188
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。