2006年9月26日

[Namazu-devel-ja 1268] Re: ptknamazu

At Mon, 25 Sep 2006 17:29:33 +0900,
Tadamasa Teranishi wrote:
> Namazu のインデックスは単純なhashデータではありませんので、いろんな
> 処理が libnmz に入っていますよね。
> この部分の処理の多くは SQL に追い出すことが可能です。
> それにより libnmz のコードが減るのでプログラムの保守性を高めることは
> 可能です。

仕事柄SQL自体はそれなりに使うのですが、大抵別の言語の中でもうひとつ
の言語を使う感じがあって、その辺が好きになれない理由の一つです。まあ個
人的な話ではありますが。
あと複数のSQLエンジンをサポートしようとした時、SQL方言の吸収の問題が
ありますが、それもO/R mapperがよく使われる理由のひとつだと思っています。

> が、それは SQL に関しては Namazu の範囲外とした場合の話でして、
> SQL の導入に関する説明だとかをしないといけなくなると、プロジェクト全体
> として保守が減るかどうかは微妙かもしれません。

確かにbackendの選定によっては、敷居がずっと大きくなるかも知れません
ね。そういう意味ではSQLiteは確かに選択肢としてはいいのでしょうが、いか
んせん知人の話を聞いていると、ちょっとどうなのかなという気がしています。

とはいえTracを使っている分には特に問題を感じないのですけどね。データ
に不整合があったとき、自力でSQLを叩けばなんとか直せるというのも利点と
いえなくもないです。

> こういったリカバリーツールって、どういう仕組みで直すんでしょう。
> 直せるものと直せないものがあるとは思いますが、どの程度の破損なら
> 修復できるものなのでしょう。

トランザクションを持っていれば、そのチェックポイントに戻すことでとり
あえずなんとかなるようです。

> > 加えて、QDBMのバージョンがあがるとABIやデータ形式がよく変わるので、
> > BDBよりある意味厳しいように思います。
>
> あれ? 今は割と安定しているように見えましたが、よく変わりましたか。

ちょっと前にQDBMのリカバーをサポートするためにデータ形式が変わったよ
うに記憶しています。ちょっと記憶があいまいかもしれません。
--
野首 貴嗣
E-mail: knok@xxxxx
knok@xxxxx / knok@xxxxx
_______________________________________________
Namazu-devel-ja mailing list
Namazu-devel-ja@xxxxx
http://www.namazu.org/cgi-bin/mailman/listinfo/namazu-devel-ja

投稿者 xml-rpc : 2006年9月26日 07:42
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/46586
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。