2006年8月26日

[Namazu-devel-ja 1175] Re: nmz/codeconv.c(get_external_charset) について

臼田です

On 2006/08/25, at 23:39, Tadamasa Teranishi wrote:

>>
>> - "french", "deutsch", "german", "spanish" は ISO-8859-1,
>> "polish" は ISO-8859-2 として扱いますが、"german",
>> "spanish",

>> "polish" はメッセージカタログの方は対応していないので、暫定
>> 状態
>> です。
>
> 現状では、テンプレートは nmz_get_lang() の値が
> "japanese", "french", "deutsch", "german", "spanish",
> "polish" の
> 場合、基本テンプレートの NMZ.xxx が使われることになるで
> しょう。
>

暫定状態と書かれていた意味がわかりました。
utf8index-branch を作った際に nmz_codeconv_external を
拡張しようとして japanese の処理と同じものをとりあえず
"french", "deutsch", "german", "spanish", "polish" についても
入れたのですが "fr_FR" や" es_ES" ではチェックしても
"french", "spanish" 等ではチェックしなかったので
NMZ.xxx を読み込むところは気づきませんでした。

> NMZ.xxx.japanese とか、NMZ.xxx.french 等をユーザが用意す
> れば使える
> わけですが、やはり
>
> "japanese" => "ja"
> "french" => "fr"
> "deutsch", "german" => "de"
> "spanish", => "es"
> "polish" => "pl"
>
> のエリアス処理は必要になりますかね。
>
> "japanese.euc" は? とか、うちのシステムの
> "japanese" は EUC-JP じゃ
> なくて、Shift_JIS だとか、環境依存のバリエーションの話は
> あるので、
> xx_XX.xxxx の形式(例えば ja_JP.eucJP)以外のサポー
> トはしたくない
> ところなのですがね。

locale に "japanese" と設定している OS というのは古
めのものなのでしょうが、
サポートしていく必要があるのですかね。

臼田幸生

_______________________________________________
Namazu-devel-ja mailing list
Namazu-devel-ja@xxxxx
http://www.namazu.org/cgi-bin/mailman/listinfo/namazu-devel-ja

投稿者 xml-rpc : 2006年8月26日 00:16
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/44565
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。