2012年6月29日

[mysql 15776] [ANN] mroonga 2.04


林です。

今日は肉の日ですね。

mroonga 2.04をリリースしました。
http://mroonga.github.com/ja/docs/news.html#release-2-04

mroongaはMySQL 5.1/5.5/5.6、MariaDB 5.3/5.5で利用できる全文検
索・位置情報検索可能なストレージエンジンです。mroongaは
Tritonnの後継プロジェクトです。

ドキュメント:
http://mroonga.github.com/ja/
インストールガイド:
http://mroonga.github.com/ja/docs/install.html

1.20より前のバージョンからアップグレードする場合は以下にある
手順を使ってください。
http://mroonga.github.com/ja/docs/news.html#release-1-20

1.20からアップグレードする場合は以下にある手順を使ってくださ
い。
http://mroonga.github.com/ja/docs/news.html#release-2-00

2.00か2.01からアップグレードする場合は、以下の手順でパッケージ
署名用の新しい鍵をインポートしてください。

http://mroonga.github.com/ja/docs/news.html#release-2-02

2.00以降でストレージモードにてマルチカラムインデックスを
使っている場合は以下の手順でインデックスを作り直して
ください。

http://mroonga.github.com/ja/docs/news.html#release-2-03

今回のリリースの主なトピックは以下の通りです。

* バルクインサート時のインデックスの有効/無効化のサポート
(ラッパーモード)

また、クエリキャッシュを有効にした状態でトランザクションを
開始した直後にselect count(*)を発行すると、正しい件数が取得できない
不具合や、ログファイルのパス指定を誤るとクラッシュする不具合が
解消されていますので、該当されるかたはアップグレードを
お勧めします。

○ バルクインサート時のインデックスの有効/無効化のサポート(ラッパーモード)

前回のリリースではストレージモードのみ対応していましたが、
今回はラッパーモードでのサポートを追加しました。

MyISAMと同様にインデックスの有効/無効化が切り替えられるようになり、
バルクインサート時にはオフラインインデックス構築を行います。
これによりmysqldumpしたデータベースのリストアを高速に行えるようになりました。

ただし、マルチカラムインデックス(全文インデックス除く)には、
オフラインインデックス構築が有効になりません。

○ 変更点

2.03からの変更点は以下の通りです。
http://mroonga.github.com/ja/docs/news.html#release-2-04

改良
^^^^

* [ラッパーモード] バルクインサートにてインデックスの有効/無効化を
サポート。 [#1311]
* [実験的] mroonga関連のデータを配置するパスの変更をサポート。
[groonga-dev,00914] [#1392] [磯部和弘さんが提案]

修正
^^^^

* トランザクション内でクエリキャッシュを無効化するように修正。
[#1384]
* パーティションを明示的に無効化した。 [#1391]
* [rpm][deb] インストール前に mysql.plugin テーブルからmroonga
プラグインを確実に削除するようにした。
[groonga-dev,00948] [磯部和弘さんが提案]
* 存在しないパスを mroonga_log_file 変数へと設定するとクラッシュする
不具合を修正した。 [#1404] [@nabebebさんが報告]

感謝
^^^^

* 磯部和弘さん
* @nabebebさん

--
HAYASHI Kentaro <hayashi@xxxxx>


投稿者 xml-rpc : 2012年6月29日 15:09
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/111235
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。