2011年6月29日

[mysql 15603] [ANN] groongaストレージエンジン0.7

はじめまして。
小山田と申します。

本日は肉の日ですので、MySQL 5.1/5.5で利用可能な、全文検索可能なストレー
ジエンジン、groongaストレージエンジンのversion0.7をリリースしました。

ドキュメント
http://mroonga.github.com/


インストールガイド
http://mroonga.github.com/install.html

groongaストレージエンジンとは、全文検索エンジンであるgroongaをベースと
したMySQLのストレージエンジンです。Tritonnの後継プロジェクトとなります。

最近のトピックス
================

「全てのストレージエンジンに全文検索機能を」

そんな夢のような機能が groonga ストレージエンジンによってついに実現さ
れます。

皆さんは InnoDB をお使いでしょうか。MySQL 用のストレージエンジンとして
はシェア No.1 を誇る InnoDB ですが、これには全文検索機能をサポートして
いないという欠点が存在します。

そこで、我々は強力な全文検索機能を持つ groonga を MySQL のストレージエ
ンジンとして利用するため、mroonga (groonga ストレージエンジン) というも
のを開発してきました。この mroonga は MySQL のストレージエンジンとして
動作し、MySQL より groonga の全文検索機能とカラムストア機能を利用可能と
します。

この mroonga は、我々の考える一つの答えでした。しかしながら、慣れ親し
んだストレージエンジンを使いたい、という声も多く聞かれてきました。

こうした要望に答えるため、今回の mroonga 0.7 には二つの動作モードが実
装されました。一つは、独立したストレージエンジンをとして動作する「スト
レージモード」。そしてもう一つが、既存のストレージエンジンをラップして
動作し、全文検索機能は groonga が担い、それ以外の部分は既存のストレー
ジエンジンが担当する「ラッパーモード」です。

ラッパーモードにおけるラップ対象のストレージエンジンに制限はありません。
InnoDB をはじめ MyISAM や ReThinkDB など、MySQL のストレージエンジンと
して開発されている、ありとあらゆるストレージエンジンを利用することが可
能となっています。

現段階ではプロトタイプレベルの実装となっているため、実システムで稼動さ
せるには色々と厳しい部分もあることでしょう。そこはぜひ皆様に触ってもら
い、フィードバックを頂いて改善していければと考えています。

ラッパーモードの使用方法については以下のページを参考にして頂ければと思
います。

http://mroonga.github.com/userguide/wrapper.html

現在の注意点に関しては以下のページをご覧ください。

http://mroonga.github.com/userguide/wrapper.html#id6

変更点
======

0.6からの変更点は以下の通りです。

http://mroonga.github.com/news.html#release-0-7

改良
----

既存のストレージエンジンに全文検索機能を追加するラッパーモードの追加。
MySQL 5.5.13サポートの追加。 #984
安定してきたので、groongaのデフォルトログレベルをDUMPからNOTICEに変更。
Mac OS Xでのビルドをサポート。(@issmさんが報告)

修正
----

ORDER BY LIMITの高速化が機能しないケースがある問題の修正。#845
デバッグビルド時のメモリリークを修正。
提供しているCentOS用パッケージをOracle提供MySQLパッケージと一緒に使うとクラッシュする問題を修正。

感謝
----

@issmさん

--

小山田 昌史 <stillpedant@xxxxx>


投稿者 xml-rpc : 2011年6月29日 14:31
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/104808
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。